JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2024年04月16日(火)
最新TV速報
【Globali】
 

習近平国家主席;金正恩委員長の後見役及び指南役の真打ちとして愈々初訪朝【米・英国・香港メディア】(2018/08/19)

朝鮮戦争を機会に血の友情関係を築いた中朝両国であったが、北朝鮮の度重なる核・ミサイル実験で一時は険悪となっていた。しかし、初の米朝首脳会談を裏で操り、北朝鮮への後ろ盾役をしっかり演じたこともあって、中朝が元の蜜月関係に戻りつつある。一方、米中関係は、貿易不均衡問題で再び緊張が高まりつつある。そこで、習近平(シー・チンピン)国家主席としても、米中問題で国内の突き上げもあって、何とか再び成果をみせようと考えたためか、愈々初の訪朝をして、金正恩(キム・ジョンウン)委員長を直接指南し、改めて米国に対して存在感をアピールしようとしている。

8月18日付米『ロイター通信』:「中国の習国家主席が来月訪朝」

  シンガポールの『ストレーツ・タイムズ』紙報道によると、習近平国家主席が来月、金正恩委員長の招待に応じて訪朝する予定であるという。

  北朝鮮の建国70周年の祝典に招待されたもので、中国首脳の訪朝としては、2005年の胡錦濤(フー・チンタオ)主席(当時)以来13年振りで、習国家主席としては、2012年の就任以来初の訪朝となる。...

全部読む

 

中国;今年前半だけでも3万7千人近くの役人を汚職罪で処罰【米・香港メディア】(2018/07/31)

習近平(シー・チンピン)国家主席は、昨年10月に2期目に入って以降も、自身が最重要課題のひとつと掲げる“反汚職政策”を緩めないと宣言している。そしてこの程、今年上半期においても3万7千人近くの役人が汚職罪で摘発・処罰されたという。国内外への習国家主席のリーダーシップ及び清廉性をアピールするのが主目的であろうが、ともかく、日本の一部の役人・経営者にも見習ってほしいところ大ではあるまいか。

7月31日付米『CNBCニュース』『ロイター通信』配信):「中国、汚職罪で3万7千人近くの役人を処罰」

  中国国営『新華社通信』は7月30日、中国中央規律検査委員会が汚職の罪で、今年上半期で3万6,618人の役人を処罰したと発表したと報じた。

  その中には、“閣僚級”の役人も1名含まれているとする。

  習近平国家主席は、6年前に就任以降、綱紀粛正のためとして、2012年に制定した“8項目(視察や会議の簡素化、倹約等を定めた規定)”に基づき、徹底的に取り締ってきている。...

全部読む


その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目パーソン
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
人気ランキング