JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2024年04月16日(火)
最新TV速報
【Globali】
 

中国人民解放軍;新型コロナウィルス感染問題深刻化も何のその、台湾問題・南シナ海領有権争いに余計な介入をする米軍への敵愾心露わ【米メディア】(2020/03/18)

3月18日現在、猛威を振るう新型コロナウィルス感染は世界154ヵ国に及び、感染者19万8,004人、死者7,948人となっている(米ジョンズ・ホプキンス大学内研究機関集計データ)。ただ、発症源の中国での感染の収束が見えたためか、中国政府は、米国からの初期対応失敗や隠蔽体質との非難に対して、米軍がウィルス禍を持ち込んだとまで言い出している。その勢いからか、人民解放軍(PLA)までも、相変わらず台湾問題、南シナ海領有権争いで余計な口出しをする米軍に一泡吹かせようとしている、と報じられている。

3月17日付『ブライトバート』オンラインニュース:「中国、南シナ海において米軍艦に対して電磁波攻撃示唆」

中国国営『環球時報』に3月17日付で掲載された記事によると、中国軍事評論家の意見として、新型コロナウィルス感染問題で中国の威信が問われる中、むしろかかる時期であるからこそ、PLAとして、中国主権下にある台湾近海や南シナ海に出没する米軍艦に対して、電磁波パルス兵器(EMP、注1後記)で武力による威信を示すことが肝要だとしている。...

全部読む

 

習国家主席の来日は今秋まで延期?【米・香港メディア】(2020/03/02)

2月28日付Globali「日本;新型コロナウィルス感染問題により全校休校指示で社会生活混迷も、習国家主席の来日は死守」で報じたとおり、集団感染が拡大の一途で社会が大混乱しつつあるにも拘らず、安倍晋三首相は、2020年の超目玉のひとつである習近平(シー・チンピン)国家主席の4月来日を予定どおり敢行するつもりである。しかし、露払いで来日した中国外交担当トップとの事前打ち合わせを踏まえ、原案を葬り去り、今秋まで延期せざるを得ないと判断しつつある模様である。

3月1日付米『ロイター通信』:「中国の習国家主席の来日は今秋まで延期と『産経新聞』が報道」

『産経新聞』は3月1日、日中両政府が、当初4月初めで計画していた習近平国家主席の来日日程を延期する方向で調整に入った模様と報じた。

政府高官からの情報によると、新型コロナウィルス集団感染問題が依然容易に収束の目処が立たない状況下、同主席の来日を今秋、あるいは更にその先まで延期することになろうという。...

全部読む


その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目パーソン
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
人気ランキング