JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2024年02月24日(土)
最新TV速報
【Globali】
 

FIFAワールドカップ2026年北米大会;NJ州とテキサス州のNFL専用スタジアムが決勝戦開催呼び込みで鍔迫り合い【米メディア】

国際サッカー連盟(FIFA、1904年設立)主催のワールドカップ2026年(W杯2026)は、米・メキシコ・カナダ3ヵ国の共催で行われる。一昨年、米11市・メキシコ3市・カナダ2市の競技場での開催が決定されたが、予選含めた試合日程・場所については未定である。そこでニュージャージー州とテキサス州在の米2大競技場が、決勝戦の開催権を獲得すべく鎬を削っている。

1月5日付『AP通信』、1月6日付『インターナショナル・ビジネス・タイムズ』オンラインニュース等は、W杯2026の決勝戦の開催権を獲得すべく、NJ州のメットライフ・スタジアムとテキサス州のAT&Tスタジアムが鍔迫り合いをしていると報じた。

W杯2026は、米・メキシコ・カナダの3ヵ国共催となるだけでなく、参加チーム数が従来の32から48チームに1.5倍増する。

そのため、試合数が一挙に104試合になること及び3ヵ国の分散開催に当たって、2022年にFIFAが承認した計16の開催都市-米11(NJ州・NY、テキサス州ヒューストン及びアーリントン、カリフォルニア州LA及びサンフランシスコ、シアートル、ジョージア州アトランタ、カンザス州カンザスシティ、ボストン、フィラデルフィア、マイアミ)、メキシコ3(メキシコシティ、モンテレイ、グアダラハラ)、カナダ2都市(トロント、エドモントン)の各競技場が使われることになる。...

全部読む

 

オランダ国王、奴隷解放記念日に過去の奴隷貿易仕業を初めて公に謝罪【米・英国メディア】

オランダ国王が同国の「奴隷記念日(SRD、注1後記)」に、17~19世紀後半における同国の違法な奴隷貿易の仕業について初めて公に謝罪した。ただ、市民の中には“やり過ぎ”という声が上がる一方、国際人権団体は被植民地の被害の重さを十分認識した上で賠償していく責任があると主張している。

7月3日付『ワシントン・ポスト』紙、『インターナショナル・ビジネス・タイムズ』オンラインニュース、7月2日付英国『BBCニュース』『ジ・エクスプレス』紙等は、オランダ国王が過去の奴隷貿易の仕業について、初めて公に謝罪したと報じている。

第7代オランダ国王のウィレム=アレクサンダー(56歳、2013年即位)は7月1日、同国のSRD式典において、過去の違法な奴隷貿易の仕業について初めて公に謝罪すると表明した。...

全部読む


その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目パーソン
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
人気ランキング