JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2024年05月22日(水)
最新TV速報
【Globali】
 

米・英・フィリピン・豪州メディア;日本の捕鯨船の鯨捕殺を国際世論が非難(2017/04/02)

日本の捕鯨船団が南極海での調査捕鯨を終え、3月31日に山口県下関市に帰港した。日本が当初発表した計画に基づき、ミンククジラを333頭捕獲してきたが、反捕鯨国メディアを中心に、日本が鯨を大量に殺戮したと一斉に非難している。

3月31日付米『ニューズウィーク』誌:「日本、例年の狩猟で数百頭の鯨を捕殺」   
日本の捕鯨船団が、国際世論の捕鯨反対の声にも拘らず、昨年発表した計画どおり、333頭の鯨を捕殺した。   
日本の水産庁は、“南極海における生態系を調査するため”としており、5隻の捕鯨船団のうちの3隻が3月31日、下関港に戻ってきたと発表した。   

しかし、国際愛護協会(英国の動物愛護グループ)のキティ・ブロック副代表は、日本は毎年不必要な数の鯨を殺戮していると非難した上で、科学の名を借りた“卑猥で無慈悲な”狩猟はすぐにも中止すべきだとの声明を発表している。...
全部読む

 

米・英・ロシア・中国メディア;中国、東・南シナ海で相変わらず厚顔無恥な対応(2017/03/27)

先週報じたとおり、ティラーソン国務長官の初訪中で、米中双方はお互いの主張を言いっ放しとする一方、総論では、両国が今後とも協力していく姿勢を打ち出すことで、まずは最初のトランプ政権閣僚・中国指導部間会談を終えた。また、中国は、南シナ海の西沙(パラセル)諸島や中沙(スカボロー)礁に、恒久施設や地対空ミサイルの配備を着々と進めていることは棚に上げて、日本の海上自衛隊の潜水艦哨戒ヘリコプター搭載護衛艦の就役に神経を尖らせているとも報じた。そして今度は、米韓合同軍事演習に派遣された米軍爆撃機が、中国が一方的に設定した防空識別圏(ADIZ)に断りもなく侵入したとクレームを付ける一方、国際社会に向けては、南シナ海の恒久施設建設はあくまで民間用で、軍事拠点化する意思などないと厚顔無恥な発言を繰り返している。

3月26日付米『Foxニュース』『CNN』配信):「中国高官、米軍爆撃機の東シナ海上空の“通常の”飛行に対して警告」
「●米太平洋空軍報道官のフィル・ベンチュラ少佐は、米空軍B-1B爆撃機が3月18日に韓国南沖の東シナ海上空を飛行した際、中国航空管制局が同機に対して、中国設定のADIZに許可なく侵入するのは違法ゆえ、すぐにも退去するよう要求してきたが、同機は、米国が認めていないADIZの制約は受けないと返答したことを公表。...
全部読む


その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目パーソン
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
人気ランキング