JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2024年04月24日(水)
最新TV速報
【Globali】
 

メルケル首相、連邦議会総選挙前に州議会選挙で追い風続く【米・英メディア】(2017/08/06)

ドイツでは今年9月、連邦議会(下院、総数631議席)の総選挙が控えており、4期目を目指すアンゲラ・メルケル首相にとって正念場を迎えている。しかし、今年5月の2つの州議会選挙(州政権代表が連邦参院の表決権権を獲得、連邦参院表決権総数は69)で、メルケル首相率いるドイツキリスト教民主同盟(CDU、注1後記)が同州で連立与党に返り咲いた。そして更に、僅か1議席差で野党となっていた1州で、ドイツ社会民主党(SPD、注2後記)と連立与党を組む緑の党(Green、注3後記)の副代表が脱党してCDUへの鞍替えを発表した。この結果、同州でもCDUが連立与党となる可能性が出てきたことから、メルケル首相への追い風が吹き続いていると言える。

8月4日付米『ロイター通信米国版』:「ニーダーザクセン州でSPD・Greenの連立政権が過半数割れしメルケル首相に追い風」  
 ニーダーザクセン州(ドイツ北西部、全16州中の人口順位4位、州都はハノーファー)の議会政権を担うシュテファン・ヴァイル州首相(SPD)は8月4日、1議席を失って過半数割れとなることから、州議会選挙を行う旨発表した。

同州では、連立与党SPD・Greenが僅か1議席(総数137議席中69議席)の優位性で連立政権を組んでいた。...
全部読む

 

南シナ海での米中のせめぎ合い再び(3)-米軍爆撃機のFONOPSも日米印合同軍事訓練も中国に苛立ち【米・英・香港メディア】(2017/07/07)

7月3日付Globali「南シナ海での米中のせめぎ合い再び(2)」の中で、“トランプ政権発足以来2度目の”航行の自由作戦(FONOPS)“実施に対して、中国側が深刻な挑発と非難すれば、米国は、北朝鮮問題での米中協調は必要なれど、中国の一方的な海洋進出については容認できないと強硬である”と報じた。そして米国が、2機の爆撃機を南シナ海の中国人工島上空を飛行させたこと、更に、インド洋で始められた日米印合同軍事訓練に対して、中国側の苛立ちは頂点に達したものとみられる。

7月7日付米『CNBCニュース』『ロイター通信』配信):「米軍爆撃機、南シナ海上空を飛行して中国に挑む」
  米空軍は7月7日、FONOPSの一環で、B-1B爆撃機2機に南シナ海上空を飛行させたと発表した。同機は前日、東シナ海上空で、日本の自衛隊機と初めての夜間飛行訓練を実施していた。

  南シナ海のほとんどが主権範囲にあると主張する中国側から、主権侵害等の非難の声が上がると予想される。...
全部読む


その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目パーソン
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
人気ランキング