JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2024年02月29日(木)
最新TV速報
【Globali】
 

サムスン、ギャラクシーノート7を生産打ち切り

サムスン電子は10月11日最新の高級スマートフォンであるギャラクシーノート7の生産打ち切りを発表した。ノート7は発売開始後発火問題を起こしたため同社は電池の不具合として製品の交換で対応してきたが、交換後の製品も問題を起こしたため収拾困難となり最悪の生産打ち切りに追い込まれた。生産打ち切りの損害は100億ドルにも上るという見方もあるが、ノート7以外のサムスン製品についての同様の問題はないのかと消費者に不信感も生まれており、ブランドのイメージダウンは大きい。サムスンがこの苦境をどう乗り切るかが注目される。

10月11日付『ニューヨークタイムズ』は、「サムスン、ギャラクシーノート7の問題究明が出来ず、生産打ち切り」という見出しで、ノート7が生産打ち切りとなったと報じた。問題発生以来サムスンは何百人もの従業員を投じて原因究明に乗り出し、当初は一部サプライヤーの電池の不具合として、他のサプライヤーの電池で生産を続けて来たが、またしても問題が発生し原因究明が出来なかった。ある匿名の従業員からの情報によるとサムスンは訴訟を恐れて原因究明に当たる従業員間の電子メールを禁止したため、従業員間のコミュニケーションに問題を生じたという。...
全部読む

 

日中韓三ヶ国外相会議開催

8月24日日中韓三ヶ国外相会議が2015年3月以来約1年半ぶりに開催された。8月に中国の公船が尖閣諸島周辺の領海侵入を繰り返したことから予定通り開催されるか心配されたが、何とか開催に漕ぎ着けた。中国の王毅外相は2013年の就任以来初来日である。24日午前北朝鮮が潜水艦ミサイルの発射実験を行ったため、3各国は対北朝鮮問題で連携強化することで一致した。また今年日本で開催予定の三ヶ国首脳会議の開催へ協力することを確認した。海外メディアの報道ぶりを紹介する。

8月24日付『USニューズ&ワールドレポート』(AP通信引用)は、「日中韓、北朝鮮ミサイル非難で一致」という見出しで、中日韓の外相が水曜日北朝鮮の潜水艦ミサイル実験を激しく抗議することで、三国間では珍しい合意形成が出来たと報じた。三ヶ国は領土問題や戦争中の歴史問題を含め多くの争いを抱えており、三ヶ国外相会議は日中間の領土問題による2年間の中断後昨年再開されたばかりである。日中間は東シナ海の島と海底ガス開発で引き続き緊張関係にあり、また韓国が米国のミサイル防衛システム配備を承認したため、中国側が安全保障への脅威であると反対しており、中韓間にも綻びが生じている。...
全部読む


その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目パーソン
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
人気ランキング