JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2024年03月01日(金)
最新TV速報
【Globali】
 

エアバッグ製造のタカタがついに経営破綻≪米・フランス・ドイツ・中国メディア≫

エアバッグのリコール(回収・無償修理)問題で経営悪化していたタカタが、東京地裁に民事再生法の適用を申請し、また、同社子会社も米連邦破産裁判所に米連邦破産法11条適用申請し、経営破綻した。負債総額は1兆7,000億円超となるとみられ、日本の製造業として戦後最大の倒産となる。同社エアバッグの異常破裂が見られるようになったのが2000年代前半で、最初のリコール公表・開始が2008年11月、更に、同社の本格的対応着手が2014年になってからとの経緯より、重大問題に対する初期動作・リスク回避対応の落ち度が同社を倒産に追い込んだものと考えられ、今更ながら、時の経営陣の危機管理能力が問われる事態ではある。

6月26日付米『CNBCニュース』『ロイター通信』配信):「日本及び米国で民事再生申請したエアバッグ製造のタカタ、米キー・セーフティ・システムに15億9,000億ドル救済を求める」
エアバッグ不具合問題で窮地に陥っていたタカタは6月26日、東京地裁に民事再生法適用を申請する傍ら、米国の自動車部品メーカーのキー・セーフティ・システム(KSS)に対して、15億9,000万ドル(約1,750億円)の資金援助を仰ぐことになった。...
全部読む

 

北朝鮮の脅威に日米が強硬対応<米・英・中国メディア>

北朝鮮に2016年1月に拘束され、今月13日に昏睡状態で解放されて帰国した、米国人学生オットー・ワームビア氏が19日に死去した。北朝鮮の非情な扱いに対して、トランプ大統領初め多くの米要人が怒りを表していることから、北朝鮮自身が米国の報復を恐れて、またしても軍事的行動に出る可能性がある。そこで、日米ともに万が一の北朝鮮暴走に備えて、ミサイル防衛等緊急対応を取り始めた。

6月21日付米『Yahooニュース』『ロイター通信』配信):「日本、北朝鮮の脅威に万全を期してミサイル防衛訓練実施」
日本の航空自衛隊は6月21日、北朝鮮からのミサイル襲撃に備えるため、PAC-3パトリオットミサイル迎撃システムの実戦訓練を公開した。東京近郊の朝霞駐屯地で実施したもので、他3駐屯地でも同様の訓練を実施している。

同隊の花田明憲3等空佐(少佐に相当)は、(取沙汰されている北朝鮮の脅威に対して)国民に安全対策が万全であることを示し、安堵してもらう必要があると判断して、訓練を公開したものであると語った。...
全部読む


その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目パーソン
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
人気ランキング