JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2024年02月24日(土)
最新TV速報
【Globali】
 

中国、一帯一路経済圏構想一環でネパールにヒマラヤ山脈縦断鉄道敷設計画促進のための融資決定【中国メディア】

習近平国家主席(シー・チンピン、69歳)が主導する「一帯一路経済圏構想(BRI)」では、スリランカ他アフリカ数ヵ国に“債務の罠(注後記)”にはまって債務超過に陥る国が出現していて、国際社会からの非難の声が強まっている。そうした中、中国の野望は簡単に萎むことはなく、ネパールに対してこの程、ヒマラヤ山脈縦断の鉄道建設計画促進のため、事前調査・採算性評価用の資金を融資することを決めている。

8月15日付『チャイナ・ナショナル・ニュース』は、「中国・ネパール関係、既に“戦略的パートナーシップ”に格上げ」と題して、中国がネパールに対して、ヒマラヤ山脈縦断鉄道建設促進に関わる事前調査・採算性評価用の資金を融資することになったと報じている。

中国外交部(省に相当)発表によると、中国及びネパールの外相同士の会談の結果、「ヒマラヤ山脈縦断多次元ネットワーク接続構想」推進について合意したという。...

全部読む

 

中国のCOVID-19対策;春節控える中でのオミクロン株感染拡大を受けて多くの都市で厳格な行動制限【欧米・中国メディア】

中国では、毎年民族大移動が起こる春節を10日後に控える。更に、北京冬季大会が2週間後に始まることもあって、中国本土の多くの都市で厳格な行動制限措置を講じている。例えば、北東部のハルビン(黒竜江省)では、新規感染者が発生していないのにも拘らず、約1千万人の全市民に対して新型コロナウィルス(COVID-19)の検査を実施するという。

1月22日付欧米『ロイター通信』:「ハルビン市政府、春節の長期休暇前に全市民のCOVID-19検査実施」

中国北東部のハルビン市政府は、約1千万人の全市民に対して1月24日からCOVID-19検査を実施すると発表した。

同市において直近ではCOVID-19新規感染者は発生していないが、春節の長期休暇を控えることから、予防対応のためだとしている。

同市政府は、ITアプリ「ウィーチャット(微信、IT大手テンセントが開発)」のオフィシャルアカウント上で、多くの人の移動が起こる春節を控え、“多くの都市でオミクロン株の感染が発生しており、これを防ぐため、厳しい対応を行う必要がある”と表明した。...

全部読む


その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目パーソン
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
人気ランキング