JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2022年07月02日(土)
最新TV速報
【Globali】
 

中国、ミサイル迎撃実験

中国国防省は19日、地上配備型の弾道ミサイル迎撃システムの実験を行ったと発表している。実験は防衛目的のため、いかなる国も標的としていないとしている。また、公表された中で、中国がこの技術実験を行うのは6回目となるという。

6月20日付『ロイター通信』:「中国、ミサイル迎撃システムの実験を公表」:

中国国防省は、地上配備型ミサイル迎撃の実験を実施し、「目標を達成した」と公表した。ミサイルは防衛目的であり特定の国を標的としたものではないとしている。

中国は習主席による近代化構想の一貫として、宇宙衛星を破壊できるものや、核弾頭ミサイルなど様々な種類のミサイル研究を進めている。近年では2021年2月、2018年に実験が行われており、中国国営メディアによると、2010年以降ミサイル迎撃システム実験を行っているとされる。...

全部読む

 

中国軍;就役間もない新造駆逐艦を遠距離派遣して日本海で演習【米・中国メディア】

岸田政権は、中国等の軍事的脅威に対抗すべく、米国他との連携強化を図るばかりか、防衛費の大幅増を目論んでいる。これに対して、仮想敵とされた中国も、ロシア軍戦闘機と日本近海で共同飛行訓練を実行する等しきりに牽制してきている。そしてこの程、中国軍が昨年に就役したばかりの新造駆逐艦を遥か日本海まで派遣して軍事演習を行った。

6月16日付米『AP通信』は、「中国軍駆逐艦、遥か日本海まで出張って軍事演習」と題して、昨年に就役したばかりの中国軍駆逐艦が、日本海まで遠距離派遣されて演習を行ったと報じた。

中国国営メディア『環球時報』(1993年創刊)によると、昨年就役した中国海軍の南昌級駆逐艦“拉薩(ラサ)”(排水量1万3千トン)が初めて、日本海まで遠距離派遣されて現地で演習を行ったという。

同船には小型駆逐艦“成都(チェンドゥ)”(2019年就役、同7,500トン)及び補給艦“東平(トンピン)”(2005年就役、同2万トン)が随行したという。...

全部読む


その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 東京五輪日記
シーズンズ フォト 東京五輪日記
シーズンズ フォト 東京五輪日記
シーズンズ フォト 東京五輪日記
シーズンズ フォト 東京五輪日記
シーズンズ フォト 東京五輪日記
シーズンズ フォト 東京五輪日記
シーズンズ フォト 東京五輪日記
シーズンズ フォト 東京五輪日記
シーズンズ フォト 東京五輪日記
シーズンズ フォト 東京五輪日記
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
人気ランキング
注目番組