JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2024年07月26日(金)
最新TV速報
【Globali】
 

韓国配備のTHAADはソウルは守れず、またICBMにも無力【米・ロシア・韓国・中国メディア】(2017/07/14)

7月12日付Globali「米THAADミサイル迎撃実験 成功率100%」で報じられているとおり、米軍は中距離弾道ミサイル(IRBM)の迎撃実験が成功したことに大いに喜んでいる。しかし、専門家の話では、まず終末高高度ミサイル迎撃システム(THAAD)には、北朝鮮が開発に注力している大陸間弾道ミサイル(ICBM)を迎撃する能力はないこと、更に、韓国南部に配備中のTHAADは、距離的にソウルが防御範囲外にある上に、北朝鮮から弾道ミサイルの波状攻撃を受けたら防ぎきれないと分析している。一方、日本は、広範囲に防御可能で、かつ、ICBM迎撃にも対応できる陸上配備型迎撃ミサイルシステム(陸上イージス)導入の方針を決めており、韓国と対応が分かれている。

7月13日付米『CNBCニュース』:「韓国配備のTHAAD、北朝鮮からのミサイル波状攻撃には“対応できず”」
  今週(7月11日)、アラスカ州配備のTHAADがIRBMを見事撃ち落としたとの実験成功は、核弾頭ミサイル開発を進める北朝鮮に対しての強烈なメッセージと言われている。しかし、専門家の評価では、韓国配備のTHAADは十分な迎撃能力を発揮できないとしている。

  すなわち、① THAADには、そもそもICBM迎撃能力はない。...
全部読む

 

トランプ大統領初の連邦予算請求は議会で反発?<米・韓国・中国メディア>(2017/05/25)

大統領就任後初めてトランプ大統領は、2018会計年度(2017年10月~2018年9月)の連邦政府予算案(注後記)を議会に提出するが、国防費・インフラ投資等を増やす一方、低所得者向け支援を大幅に削減する提案となっている。弱者切り捨ての内容に野党・民主党はもとより、選挙でトランプ氏を支持した白人低所得者層を代弁する与党・共和党からも反発が予想され、大統領要求予算が大幅に見直される可能性が高い。なお、韓国は太平洋地域での米軍事費増を歓迎する一方、何かと米国を敵視する中国は、トランプ氏の税制改革の矛盾点について批評している。

5月22日付米『USAトゥデイ』紙:「議会、物議を醸すトランプ政権予算案の承認は困難」
ドナルド・トランプ大統領は5月23日、就任後初の年間連邦予算案(2018会計年度)を議会あてに提出するが、上・下院ですんなり審議・承認手続きが進むことは難しい。

例えば、下院議会予算委員会委員11年目のジョン・ヤームス民主党下院議員(ケンタッキー州選出)は、長年の米国の善意の象徴だった“補助的栄養支援プログラム(SNAP、通称フード・スタンプで、低所得者向け食費補助政策、1964年にリンドン・ジョンソン民主党大統領が採用)”を2,000億ドル(約22兆2,000億円)削減する案など、共和党議員も賛同しないはずだと酷評している。...
全部読む


その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目パーソン
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
人気ランキング