JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2019年06月25日(火)
最新TV速報
【Globali】
 

米メディアが日中高官会談を簡略に伝えれば、中国メディアは一帯一路経済圏構想含めた日中協力を詳細報道【米・中国メディア】

米中関係は目下、関税賦課合戦が再燃しただけでなく、米側による中国通信機器大手メーカー華為技術(ファーウェイ)を標的とした経済制裁発表と、最悪な状態になりつつある。そこで中国としては、米同盟国の日本との関係を強化・発展させることにより、少しでも米中貿易紛争による損失軽減を図ろうとしている。そしてこの程、中国の外交トップが来日して、安倍晋三首相含めて日本側高官と精力的に会談しているが、米メディアは簡略に報じただけなのに対して、中国メディは、習近平(シー・チンピン)指導部が推す一帯一路経済圏構想(OBOR)への日本による積極的な参加を呼びかける等、日中関係蜜月化を詳細に報道している。

5月17日付米『AP通信』:「日中両国、習国家主席の来日前に関係発展で合意と発表」

日中両国は5月17日、習近平国家主席(65歳)の2013年就任以来初の訪日に先駆けて、両国関係を強化・発展させていくことで合意した。

中国外交トップの楊潔篪(ヤン・チエチー、69歳)中央外事工領導弁公室主任が来日して、安倍晋三首相(64歳)と会談した際、今が正に日中関係強化・発展の適切な時期だと訴えた。...

全部読む

 

中ロ両海軍;東シナ海及び青島沖の黄海で初の合同実弾演習実施【米・中国メディア】

5月6日付Globali「米軍;4月末の台湾海峡に続いて南シナ海の中国主張領海内における航行の自由作戦実行」で触れたとおり、フランス海軍に続いて、米海軍も中国による一方的な海洋進出を牽制する動きを活発化している。そして、この動きに対抗するかのように中国海軍はこの程、ロシア海軍と共同で、東シナ海及び青島(チンタオ)沖の黄海において、初の海上実弾演習を実施、中ロ両国が協力して西側に対峙していく姿勢をアピールした。

5月8日付米『ザ・ディプロマット』オンラインニュース:「中ロ両軍、海上において初の合同ミサイル実射演習実施」

中国人民解放軍海軍(PLAN)及びロシア海軍は5月4日、海上における初の合同ミサイル実射演習を実施した。

中国メディア『環球時報』によると、両海軍は対艦巡航ミサイルによる攻撃防御のため、地対空ミサイルを実射したという。

PLANからは駆逐艦“哈爾濱(ハルピン)”、ロシア海軍からは対潜駆逐艦“アドミラル・トリブツ”が参加し、両艦から発射された短距離対空ミサイルは見事標的ミサイルを撃ち落としたという。...

全部読む


その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組