JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2022年05月22日(日)
最新TV速報
【Globali】
 

中国;年末までに全国民の80%へのワクチン接種達成で2022年冬季オリンピック開催準備万端【米メディア】

6月3日付GLOBALi「日本;後れを取ったワクチン手当てが進み、新たなワクチン外交に注力」の中で、日本主導で開催されたワクチン・サミットにおいて、日本が途上国向けのワクチン確保を目的とするCOVAX(注1後記)への追加資金拠出標榜等で、ワクチン外交に注力していると報じた。しかしながら、それでも国内における新型コロナウィルス(COVID-19)感染問題への不安は収まらず、7週間後に迫った東京オリンピック開催への反対意見が大勢を占めている。そうした中、2022年北京冬季オリンピックを控える中国は、年末までに14億人の実に80%の国民へのワクチン接種を完了させると発表して、冬季大会開催不安を一掃しようとしている。

6月3日付『ボイス・オブ・アメリカ』:「中国、年末までに14億人の80%にワクチン接種を完了させると宣言」

中国政府はこの程、年末までに14億人の実に80%の国民へのワクチン接種を達成すると発表した。

『AP通信』報道によると、6月2日現在、中国におけるワクチン接種者は7億400万人であるが、一日当たり1,900万回分のワクチン供給を続けているという。

米国におけるピークは4月であったが、それでも一日当たり340万回分であった。...

全部読む

 

IMFによるカメルーンへのコロナ対策支援金3億3500万ドルの大半が行方不明に

中央アフリカにあるカメルーンの人権団体、野党、地元メディアは、国際通貨基金(IMF)からの3億3500万ドル(約369億円)の融資の大半がどのように使用されたのかを説明できていないことを受けて、政府に調査結果を公表するよう求めている。

使い道が不明となっている資金は、パンデミックによる経済への打撃を食い止めるための、カメルーンに対するIMFの融資の一部だった。2020年3月にカメルーンでコロナウイルスの流行が始まって以来、IMFはカメルーンに対して2つの緊急融資を承認し、総額3億8200万ドル(約421億円)を融資していた。

米国営放送局『ボイス・オブ・アメリカ』によると、カメルーンの人権団体や野党が、新型コロナウイルス対策のためにIMFから融資された約3億3500万ドルの使い道について、政府に説明を求めたところ、カメルーン政府は31日、行方不明のIMF資金に関する調査は続いており、市民に冷静な対応を求める声明を発表した。...

全部読む


その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
人気ランキング
注目番組