JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2024年04月17日(水)
最新TV速報
【Globali】
 

北朝鮮が外国人訪問者を制限、第1回米朝首脳会談後観光客急増で受け入れ限界:中国紙(2019/03/13)

昨年6月の初の米朝首脳会談の実施後、世界中で北朝鮮に対する関心が高まり、同国への観光客が急増している。しかしながら、同国での受け入れ態勢は限界に達しており、外国人訪問者の数を制限しようとしていると中国メディアが12日に報じた。

中国共産党の機関紙「人民日報」系の「環球時報」の英語版『グローバル・タイムズ』の報道を受け、韓国の『聯合ニュース』などが伝えた。北朝鮮消息筋によると、同国は3月末からの観光シーズンを前にして、18日から外国人の入国者数を1日1,000人に制限することを決定したという。

中国国際旅行社や北京首旅集団などの多くの旅行代理店の関係者も、取材に対し、北朝鮮の観光当局から、中国人訪問者の数を制限するよう求める通知を受領したと答えている。...

全部読む

 

米海軍、北朝鮮の脅威に対抗するため、北朝鮮レーダー探知不可能な最新鋭ステルス戦闘機搭載の揚陸艦を太平洋艦隊に配備【米・韓国メディア】(2018/01/08)

北朝鮮問題は、金正恩(キム・ジョンウン)委員長の平昌(ピョンチャン)冬季大会への参加意思表示をきっかけに、南北高官対話実現へと急転直下の展開をみせている。これにはドナルド・トランプ大統領も、余計な茶々を入れず、取敢えず静観する構えである。ただ、北朝鮮にはこれまで何度も騙されてきた過去もあるため、平昌冬季大会期間中の米韓軍事演習は延期するとしても、不測の事態に備えようと、北朝鮮のレーダーでは探知不可能な最新鋭ステルス戦闘機搭載の揚陸艦を第7艦隊(注後記)に配備することを決定した。更に、昨年の米韓軍事演習にも参加した、超大型原子力空母も朝鮮半島に向かわせている。

1月7日付米『CNNニュース』:「米軍、西太平洋にステルス戦闘機搭載の揚陸艦を配備」  
 米海軍は1月6日、最新鋭ステルス戦闘機F-35B戦闘機搭載の強襲揚陸艦“ワスプ”を第7艦隊の管轄地域に配備した。  

 本艦は、排水量4万トン、全長844フィート(約260メーター)の実質的な小型空母である。そして、本艦には、北朝鮮などのレーダーでは探知不可能な最新鋭ステルス戦闘機を搭載している。...
全部読む


その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目パーソン
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
人気ランキング