JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2024年07月14日(日)
最新TV速報
【Globali】
 

安倍政権採択の中期防衛力整備計画;欧米メディアは“平和主義国”による空母保有及びステルス戦闘機最多購入に注目【米・フランス・ロシアメディア】(2018/12/19)

12月11日付Globali「海外からみた日本・・No.7(最新鋭潜水艦)」で触れたとおり、政府は今月初め、次期中期防衛力整備計画(中期防、2019~2023年)の概要を明らかにし、多次元統合防衛力強化のために合計27兆円の防衛予算を組むとしている。そしてこの程、安倍内閣がその中期防を閣議決定したが、欧米メディアは特に、憲法で平和主義を謳う日本が、攻撃力を高める空母を保有すること、更には、米国製ステルス戦闘機の最多購入国となることに注目している。

12月18日付米『クォーツ』オンラインニュース:「“平和主義”の国が世界最大の米国製F-35戦闘機購入国に」

  憲法で“平和主義”を謳う日本が、専守防衛の名目で、もうじき空母を就役させ、かつ、世界最大の米国製F-35ステルス戦闘機の購入国となる。

  安倍晋三内閣が12月18日に閣議決定した「中期防」は、中国や北朝鮮の脅威に対抗するためとしているが、実際は、ドナルド・トランプ大統領から強いられている日米貿易不均衡是正のため、米国製品を大量に購入する必要に迫られたものとみられる。...

全部読む

 

プーチン大統領;唯一信頼できる首脳は習国家主席だと発言した後、次に首脳会談を求める重要な相手はトランプ大統領とし、またしても安倍首相の名前は上がらず【米・ロシアメディア】(2018/06/11)

6月6日付Globali「プーチン大統領;世界で唯一心を許せて信頼できる首脳は習国家主席だとのコメントに安倍首相も落胆?」で報じたとおり、ウラジーミル・プーチン大統領は、2013年の自身の誕生日に習近平(シー・チンピン)国家主席とウォッカで祝杯を挙げたことを披露し、如何に同国家主席に心を許しているかに言及した。そして、次に首脳会談が必要とし、その機会を待っている相手はドナルド・トランプ大統領だと発言し、またしても安倍晋三首相の名前は上がらなかった。

6月10日付米『ニューヨーク・タイムズ』紙:「プーチン大統領、トランプ大統領との首脳会談を心待ち」

  中国訪問中のウラジーミル・プーチン大統領は6月10日、“米国側の準備が整い次第速やかに”ドナルド・トランプ大統領との首脳会談を心待ちにしていると語った。

  但し、同大統領は、トランプ大統領が言及している、主要7ヵ国首脳会議(G-7)へのロシアの復帰については重要視していないとした。...

全部読む


その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目パーソン
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
人気ランキング