JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2020年07月15日(水)
最新TV速報
【Globali】
 

プーチン政権;ロシア・ワールドカップ・サッカーの最後の最後で味噌を付けた女性ロック集団を許さじ?【米・英国メディア】

7月7日付Globali「プーチン大統領;これまでのところサッカー・ワールドカップ運営良好でロシアへの悪口封じができたとご満悦」で触れたとおり、従前で噂された暴動等は発生しておらず、ホスト国ロシアとしては、ひとまず安堵していた。しかし、よりによって決勝戦の最中に、反プーチン運動を展開する女性パンク・ロック集団によるピッチへの乱入を許してしまい、最後の最後で味噌を付けられたとして、カンカンになっている模様である。逮捕した4人を15日間拘留した際に科した罰に加えて、更に追加の罰を与えるため、再度拘束している。

7月31日付米『ロイター通信』:「ロシア・ワールドカップ・サッカー会場に乱入した女性ロック集団に新たな罰」

  ロシアの反政府ロック集団“プッシー・ライオット(注後記)”のメンバー4人は、7月15日に行われたワールドカップ・サッカー決勝戦のピッチに乱入した行為で15日間拘束された。

  同グループの代理人ニコライ・バシリェフ弁護士は7月31日、当該4名は7月30日に釈放されたが、同日夜に再度拘束されたと公表した。...

全部読む

 

米CIA高官;中国は“密かに”対米冷戦を仕掛けてきていると警告【米・英国メディア】

7月18日付Globali「トランプ大統領とプーチン大統領;近い将来“対中国同盟”を形成か?」で触れたとおり、かつて冷戦時代に敵対した米ロ両国が、今や双方の利益を脅かす程大国化した中国を、言わば共通の敵と見做しつつあるとの見方がある。一方で、米国内では、国家安全保障担当や中央情報局(CIA)の高官らが異口同音に、中国が新しい形の冷戦を米国に仕掛けてきていると警鐘を鳴らし始めている。

7月21日付米『ニューヨーク・ポスト』紙(『AP通信』配信):「中国が“密かに”対米冷戦を仕掛けてきていると米CIA高官が警告」

  米CIAのマイケル・コリンズ副次官補(東アジア担当)は7月20日、中国が米国に代わって世界における超大国の地位に就くべく、“密かに”対米冷戦を仕掛けてきていると警鐘を鳴らした。

  同高官は、コロラド州で開催されたアスペン安全保障フォーラム(米国家安全保障担当らが一堂に会した年次安保会議)での講演で、中国は米国内の至る所で、密かに企業秘密や先端技術研究情報を盗み出し、自国の軍事力拡大や兵器の最新鋭化に利用しようとしていると強調した。...

全部読む


その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組