JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2021年05月08日(土)
最新TV速報
【Globali】
 

米メディア;日本の新型コロナウィルス感染者総数が欧米比遥かに低いのはマスク着用習慣のお陰?

日本の新型コロナウィルス(COVID-19)感染者数が、欧米諸国に比して非常に低いが、以前からのマスク着用習慣が奏功している可能性は高い。しかし、直近の感染者急上昇より、それだけに頼るだけでは、実質的な感染抑え込みは難しいだろうと米メディアが報じている。

12月18日付『ニューヨーク・ポスト』紙(『AP通信』配信):「日本の低いCOVID-19感染者数はマスク着用習慣のお陰もあろうが、本質的な問題解決を遅らせる恐れ」

日本に最初にCOVID-19感染をもたらしたのは、2月初めに寄港したクルーズ船“ダイアモンド・プリンセス号”であった。

当時はまだ、現在のような世界的大流行となるとは考えられておらず、同船の乗船客・乗組員合計3,711人のうち、感染者712人、死者12人を出したことから、厚生労働省等関係当局への非難の声は強かった。...

全部読む

 

米国企業中国支社及び在中国米国公館は中国共産党員だらけ【米メディア】

GLOBALi「ハンター・バイデンへ検察当局が税調査」でも報じられているが、ジョー・バイデン次期大統領(78歳)の息子のハンター・バイデン氏(50歳、弁護士・実業家)が、中国を含めた海外事業における脱税、資金浄化疑惑で調査されているという。しかし、最近漏洩した機密情報によると、大手米国企業の支社や在中国米国公館に、多くの中国共産党員(注1後記)が職員として従事しているという、もっと重大な事態が起こっていることが判明した。

12月13日付『ニューヨーク・ポスト』紙:「米国企業は中国共産党員だらけ」

世間では、バイデン・ファミリーへの中国の影響力が取り沙汰されているが、最近漏洩した機密情報によると、大手米国企業の中国支社には多くの中国共産党員が職員として従事し、米国家安全保障問題に関わる事態が起こっていることが判明した。

マルコ・ルビオ上院議員(49歳、フロリダ州選出、共和党員)とボブ・メネンデス上院議委員(66歳、ニュージャージー州選出、民主党員)が所属する、「対中政策に関する列国議会連盟(IPAC、注2後記)」が入手したもので、それによると米大手企業のボーイング、クアルコム、ファイザー3社の中国支社で、数多くの中国共産党員が雇用されているという。...

全部読む


その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組