JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2022年12月01日(木)
最新TV速報
【Globali】
 

豪州外相、東ティモールを訪問して中国の”債務の罠”にはまらないよう警告【米・豪州メディア】

8月15日付Globali「中国、一帯一路経済圏構想一環でネパールにヒマラヤ山脈縦断鉄道敷設計画促進のために融資決定」で触れたとおり、スリランカやアフリカの数ヵ国に“債務の罠(注後記)”にはまって債務超過に陥る国が出現しているにも拘らず、中国は依然一帯一路経済圏構想(BRI)を積極的に進めている。そうした中、中国に反駁する豪州政府がこの程、中国資金で天然ガス田パイプライン輸送敷設計画を推進しようとしている東ティモール政府に直接警告した。

8月31日付米『AP通信』は、「豪州外相、東ティモール政府に中国融資に注意するよう警告」と題して、両国間のティモール海海底に賦存する天然ガス田の生産物のパイプライン輸送敷設計画推進に当たって、中国融資に委ねようとしている東ティモール政府に対して、“債務の罠”にはまらないよう警告したと報じている。

豪州のペニー・ウォン外相(53歳、2022年就任)は9月1日、東ティモール(1975年ポルトガルより独立宣言、2002年インドネシアより主権回復)を訪問した際、大規模天然ガスパイプライン敷設プロジェクト推進に当たって、中国に対して“返済不可能な債務”を負わないよう警告した。...

全部読む

 

ソロモン諸島首相、米国に反発して米高官列席の「ガダルカナル島の戦い80周年慰霊式典」に欠席【豪州メディア】

南太平洋島嶼国のソロモン諸島(SI、1978年に英国より独立した英連邦王国)の首相は、今年4月に中国と安全保障条約を締結したが、爾来米豪等の高官が次々に文句を言うために同国を訪問してくることに嫌気がさしていた。そうした中、第二次大戦の激戦地となった「ガダルカナル島(SI最大の島)の戦い(注後記)」80周年を記念する現地式典に米国高官が出席したが、同首相は欠席して物議を醸している。

8月9日付『豪州AP通信』は、「米国高官、SI首相は“貴重な機会を喪失”とコメント」と題して、第二次大戦中の激戦地となったガダルカナル島の戦い突入80周年を記念する慰霊式典に、SI首相が出席しなかったのは誠に残念だと表明したと報じている。

米国務省のウェンディ・シャーマン副長官(73歳、2021年就任)は8月8日、第二次大戦において激戦地となったガダルカナル島の戦い突入80周年を記念する慰霊式典に欠席したSI首相について、“貴重な機会を喪失した”とコメントした。...

全部読む


その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
人気ランキング
注目番組