JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2024年02月28日(水)
最新TV速報
【Globali】
 

習国家主席;異例の3期目支持獲得のために形振り構わず、かつて目の敵にしていた「中国共産主義青年団」を持ち上げ【米・中国メディア】

習近平国家主席(シー・チンピン、68歳)はこれまで、自身の権威強化を図るためか、中国共産主義青年団(共青団、注1後記)出身の胡錦濤前国家主席(フー・チンタオ、現79歳)や李克強現首相(リー・クーチアン、現66歳)を目の敵にしてきた。しかし、折からの新型コロナウィルス感染(COVID-19)問題再燃の逆風にさらされている。そこで、今秋の中国共産党全国代表大会(NCCCP、注2後記)において、異例の3期目続投を勝ち取るために形振り構わず、共青団を持ち上げる演説を行っている。

5月10日付米『AP通信』は、「習氏、NCCCP開催に先立って共青団を持ち上げ」と題して、習国家主席が、異例の3期目を勝ち取るために形振り構わず、これまで冷遇してきた共青団を持ち上げる演説をした、と報じている。

習近平国家主席は5月10日、今秋開催されるNCCCPを意識してか、折からのCOVID-19再燃問題で経済的・政治的逆風にさらされる中、共青団を持ち上げる演説を行った。

習氏は、共青団100周年を祝う式典で、同組織が“中国の青年を結集・動員する上で、常に先駆けて努力を続ける部隊となっている”と称賛した。...

全部読む

 

習国家主席;「国際民族文化芸術祭」宛の祝辞の中で、”一帯一路経済圏構想”の成果を自画自賛【中国メディア】

習近平国家主席(68歳)は、来年11月に中国共産党中央委員会総書記(最高指導者)10年の任期を迎えるが、史上初となる3期目を目指して党内統一を図るとともに、任期中の成果を殊更強調している。そうした中、タイミング良く開かれた「万里の長城国際民族文化芸術祭」へ宛てての祝辞の中で、自身が主導した“一帯一路経済圏構想(OBOR)”がもたらした成果に言及している。

9月16日付『チャイナ・デイリィ』紙(1981年創刊の英字紙):「習国家主席、OBOR政策が国際交流を促進したと強調」

習近平国家主席は9月15日、自身が主導したOBOR政策実施の過程で、様々な異なる国家間での国際交流が図られ、平等の原則、相互理解、対話、多様性等が深まったと強調した。

9月15日に開幕した、「万里の長城国際民族文化芸術祭」に宛てた祝辞の中で述べられたもので、同国家主席は、8年前にOBOR政策を標榜して以来、同政策に賛同して参画した多くの国々が一緒になって活動することで、人々の福祉や満足度が高められ、そして様々な文化を通じての交流や対話が促進した、と言及した。...

全部読む


その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目パーソン
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
人気ランキング