JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2022年06月29日(水)
最新TV速報
【Globali】
 

在米中国大使館;中国側が米新政権高官との協議要請との米メディア報道を否定【米・中国メディア】

ジョー・バイデン大統領(78歳)就任前から、対中政策はどうなるのかと種々憶測報道がなされている。その一環で、ある米メディアが、“昨年12月に中国側から、トランプ政権が強行した関税賦課措置をはずすための協議を申し入れた”と報じたが、この程、在米中国大使館が改めて事実無根と否定するコメントを発表した。

1月24日米『ニューズマックス』(1998年設立の保守系メディア):「中国、バイデン政権高官との協議要請との報道を否定」

在米中国大使館は1月23日、トランプ政権の4年間で起きた米中間の緊張関係を弱めるべく、中国側がバイデン新政権高官との協議を申し入れたとの報道を否定するコメントを発表した。

『ザ・ヒル』(1994年設立の政治専門紙)報道によると、“在米大使館は1月23日付声明で、当該報道は事実無根であり、メディアは、米中関係について、事実に即した報道を心掛けるべきだと表明した”という。...

全部読む

 

日本と中国、高速度鉄道に続いて超高速磁気浮上式鉄道でも火花【米メディア】

新幹線に代表される高速度鉄道は、かつて日本が世界を牽引していたが、現在ではドイツ・日本の技術を基に独自開発に注力してきた中国が、総走行距離含めて世界をリードしている。そこで日本としては、新世代の超高速磁気浮上鉄道(マグレブ、注後記)で改めて世界に打って出るべく中央新幹線プロジェクトの事業化に注力している。しかし、これに追いつき追い越そうとしているのが、またしても中国である。世界の超高速度鉄道市場をどちらが席捲するのか、激しい鍔迫り合いが続けられている。

11月27日付『ブルームバーグ』オンラインニュース:「日本と中国、世界の超高速度鉄道市場の主導権争いで火花」

日本と中国は目下、世界における超高速度鉄道マグレブの市場で激しい主導権争いをしている。

新世代の超高速度鉄道マグレブは、現在短距離かつ試験走行用のプロジェクトが多くの国で進められている。

その中にあって、アジアの二ヵ国は、世界初の長距離でのマグレブ事業化に向けてしのぎを削っている。...

全部読む


その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 東京五輪日記
シーズンズ フォト 東京五輪日記
シーズンズ フォト 東京五輪日記
シーズンズ フォト 東京五輪日記
シーズンズ フォト 東京五輪日記
シーズンズ フォト 東京五輪日記
シーズンズ フォト 東京五輪日記
シーズンズ フォト 東京五輪日記
シーズンズ フォト 東京五輪日記
シーズンズ フォト 東京五輪日記
シーズンズ フォト 東京五輪日記
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
人気ランキング
注目番組