JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2024年06月16日(日)
最新TV速報
【Globali】
 

安倍内閣28兆円の経済対策を決定(2016/08/03)

安倍内閣は8月2日総額28兆円の経済対策を決定した。内容は先週安倍首相が発表済みであるが、財政への負担を極力抑えるために実際に政府から資金が出る真水部分は7.5兆円で、そのうち今年度に支払われる分は4兆円と言われており、短期的な景気へのインパクトは今一つというのが海外メディアも含めた大方の評価である。

振り返れば安倍首相は今年5月のサミット前から政府による財政出動を唱えて、G7各国をリードして来たわけであるが、今の日本の実力からすればこれが精一杯というところであろう。この経済対策と先に決めた消費税の延期で何とか景気は失速せずに行くのであろうが、日銀の異次元緩和も限界が見えている中、日本経済をデフレから脱却させて本格的な成長軌道に乗せるためには抜本的な構造改革しかないという結論がはっきりして来たようだ。

8月2日付『ニューヨークタイムズ』は、「経済が苦闘する中、日本追加景気刺激策を発表」という見出しで経済対策決定を報じた。安倍首相は3年半前に政権について経済の再活性化を公言し、日銀の異次元緩和や財政支出拡大を行って来たが、彼の言う経済ルネッサンスには程遠い状況にある。その中で火曜日28兆円という最大の経済対策に打って出た。その経済効果について早速エコノミストの議論が始まったが、28兆円という見出しの数字ほどには効果がないだろうといわれている。...
全部読む

 

欧州銀行の資産査定結果(2016/08/01)

欧州の銀行はリーマンショック、ギリシャ危機を経て、公的資金導入により回復途上にあるが、特にイタリアの銀行が引き続き多額の不良債権を抱えているのではないかと言われてきた。EUの銀行監督機関である欧州銀行監督機構(EBA)、7月29日欧州の主要51行に対して健全性を測定するために行った資産査定の結果を発表した。全体の結果は2014年の前回の資産査定に比べると資本増強が進んでいるが、改善は道半ばというもので未だ健康状態とは言えないとしている。中でも以前から資産内容の悪さが指摘されているイタリアのモンテパスキ銀行は最悪の部類に入るとされたほか、オーストリア1行、スペイン1行、アイルランド2行が最悪の部類と評価された。モンテパスキ銀行については、増資による再建計画が進んでいるが、計画自体難問を抱えておりスムーズに行くかどうかわからない。暫く欧州の銀行には目を離せない状況が続く。

7月30日付『ヤフーニューズ』(ロイター通信引用)は、「EU銀行資産査定で健康証明出ず」という見出しで、銀行監督当局による最近のEU銀行資産査定により、イタリア、アイルランド、スペイン、オーストリアの銀行が最悪の結果となったが、地域経済のため与信を増加させるためには未だ課題が残っていることを示したと報じた。2007年~2009年の金融危機の際に税金を投入して銀行救済を行って以来3回目の資産査定であるが、今回は今後3年間GDP成長率が想定よりも7.1%下回り、結果として銀行の金利収入が20%減少した場合の銀行への影響を調査した。...
全部読む

page12345678910

その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目パーソン
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
人気ランキング