JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2024年02月22日(木)
最新TV速報
【Globali】
 

シンガポール政府、レディー・ガガらの音楽を歌詞が攻撃的な楽曲のリストに掲載

シンガポール政府は、米ポップス界のスター、レディー・ガガとアリアナ・グランデの楽曲を、同国の議員らに提示された「歌詞が攻撃的な」音楽のリストに掲載した。1日に発表された内務大臣のヘイトスピーチに関する声明により判明した。

『ロイター通信』や香港の『サウスチャイナ・モーニング・ポスト』、英『デイリー・メール』などが報じた。保守的な社会のシンガポールでは、公的な発言やメディアの報道・表現などに対する統制が厳しく、特に人種や宗教に係わるものは吟味される。約1カ月前には、スウェーデンのブラックメタルバンド、ヴァーテインのコンサートが、「宗教を中傷し、暴力を煽る」傾向があるとの理由により禁止されていた。

攻撃的・侮辱的な曲のリストには、レディー・ガガの「ジューダス(ユダ)」、アリアナ・グランデの「ゴッド・イズ・ア・ウーマン」、米ロックバンド、ナイン・インチ・ネイルズの「ハラシー」、アイルランド歌手ホージアの「テイク・ミー・トゥー・チャーチ」が掲載された。...

全部読む

 

ユタ州・オクラホマ州で医療用マリファナが合法化の予定

【17日付『デイリー・メール・オンライン』『AP通信』】 ユタ州とオクラホマ州は保守的な州であるにもかかわらず、今年医療用マリファナを合法化すると予想される。世論調査によると、ユタ州の有権者の77%、オクラホマ州の62%が医療用マリファナの合法化を支持していることが明らかになった。

11月の住民投票で可決されれば、慢性的な痛みや関節炎などさまざまな状態を治療するためにすでに合法化している他の30の州の仲間入りを果たす。サウスダコタ州とミズーリ州を含む他の保守的な州も医療用マリファナに関する立法を検討しており、過去30年間でマリファナに対する態度が急速に変化している。

全米マリファナ法改革協会(NORML)のエリック・アルティエリ事務局長は、「世論調査に呼応して、ユタ州とオクラホマ州の有権者が、利用可能な科学、世論、急速に変化するマリファナの文化的および法的地位に適合するように、この11月に法改正を可決するだろう。...

全部読む


その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目パーソン
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
人気ランキング