JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2024年03月02日(土)
最新TV速報
【Globali】
 

英国、トランスジェンダーの受刑者数が2年間で20%増加

英国法務省が公表した数字によると、イングランドとウェールズの刑務所にいるトランスジェンダーの受刑者の数が、2019年から20%増加しており、大多数は男性として生まれたトランスジェンダーの女性が女性刑務所に収容されることを希望していたことが明らかになった。

『ザ・タイムズ』によると、トランスジェンダーであると自己申告した囚人は、2019年の163人から今年は197人に増加した。データが初めて収集された2016年以降、トランスジェンダーであると自己申告する受刑者数が毎年増え続けている。

2016年、イングランドとウェールズのトランスジェンダー受刑者は70人だった。2019年には163人に増え、130人のトランスジェンダー受刑者が女性、20人が男性と自己申告し、13人は回答しなかった。...

全部読む

 

WHOがまた中国に忖度? 南アで新たに発見の変異株に中国国家主席苗字に近似のXi(カイ)ではなくO(オミクロン)株と命名【米メディア】

新型コロナウィルス(COVID-19)感染問題は依然収束の見通しが立たず、今度は新たに南アフリカで発見された変異株が再び脅威となっている。世界保健機関(WHO、1948年設立)はこれまで、英国で発見された変異株をアルファ株ウィルス、インドのものをデルタ株とする等、ギリシャ文字を冠することで、当該国が偏見に曝されないよう配慮してきた。そしてこの程発見された新変異株に、オミクロン株と命名した。ただ、順番からすると次に来るXi(読み方はカイ)と冠することを避けたのは、中国国家主席の苗字(Xi)に近似するからという、中国に対する“忖度”の所以であるとの声が上がっている。

11月26日付『ニューヨーク・ポスト』紙:「WHO、新種のCOVID-19変異株をギリシャ文字の2つの候補を外してオミクロン株と命名」

COVID-19の新変異株が猛威を振るい始め、世界の感染症専門家を悩ませ、また、金融市場をかき乱しているが、インターネット上では、オミクロン株との新しい命名に混乱が広がっている。

WHOは11月26日、南アフリカで新たに発見された変異株を、デルタ株等と並ぶ“懸念される変異株”に指定し、新たにオミクロン株と命名した。...

全部読む


その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目パーソン
最新のTV・CM  最新CMはコチラ>>
人気ランキング