JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2024年02月24日(土)
最新TV速報
【Globali】
 

中国、コロナパスで中国製ワクチンを対象外としたフランスに対し報復措置を示唆

欧州連合(EU)が7月1日に「ヘルスパス」と呼ばれるコロナパスポートの運用を開始する。中国の在仏大使館は、中国製ワクチンをシステムから除外するという欧州連合の決定に追従するフランスに対して、中国に入国しようとするフランス人旅行者に対する規制を強化することで報復すると発表した。

仏ラジオ局『フランス・アンテール』によると、ヘルスパスは、直近の検査で陰性であったこと、ワクチン接種が完了したこと、あるいはコロナから回復したことを証明するもので、フランスではすでに、紙とデジタルの2種類が使用できる。11歳以上から提示が義務付けられ、2021年9月30日まで使用が認められている。

しかしニュースサイト『Cnetフランス』によると、ヘルスパスでは「欧州医薬品庁が認可したワクチン」のみが認められるため、ロシアの「スプートニクV」や中国の「シノバック」などのワクチンは、対象外となる。...

全部読む

 

新型コロナウィルス(COVID-19)感染流行問題に関わる世界各国、国際機関の直近の状況(34)【米メディア】

10日前の前回報告時より、世界の感染者数は1億7,331万648人(前回報告時より+383万9,923人)と漸減傾向にあるが、死者数は372万8,885人(同+20万5,768人)と急増している。これは、ワクチン接種が進む一方で、英国で発見されたアルファ変異株(注1後記)より感染力・重症化リスクとも高い、インドで最初に発見されたデルタ変異株が世界に蔓延し始めているためとみられる。なお、致死率も2.2%と若干上昇している(米ジョンズホプキンズ大の6月7日午後5時現在の集計データを引用)。

6月7日付『AP通信』他:「COVID-19感染問題に関わる直近の状況」

<ハイライト>

●世界保健機関(WHO、1948年設立):主要7ヵ国首脳会議(G-7サミット)が、国連主導の世界ワクチン配布計画促進を支援するよう要求。

●欧州連合(EU):米モデルナ社(2010年設立)が、EU保健当局に対して、同社製ワクチンの若年層向け接種について認可申請。認可されれば、EUで2例目。...

全部読む


その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目パーソン
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
人気ランキング