JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2024年02月25日(日)
最新TV速報
【Globali】
 

インド、野党が選挙に向けて「社会主義の香り」を放つ香水を発売

インドの左派野党が、2022年の前半に予定されている地方選挙を前に、有権者を惹きつけるための独自の香水を発売した。野党は、この香水で与党インド人民党(BJP)が広めた「憎しみを終わらせる」ことができ、「兄弟愛、愛、社会主義の香り」を広めることが出来ると主張している。

『AFP通信』とインド『ファイナンシャル・エクスプレス』によると、インドの社会主義のサマジュワディ党は、2022年に予定されている北部ウッタル・プラデーシュ州での選挙にちなんで、「22のナチュラルエッセンス」で構成された香水を発売した。同党の色である赤と緑を基調としたボトルには、自転車をモチーフにした選挙用のロゴが刻まれている。

地元の党議員であるプシュプラジ・ジャイン氏は記者会見で、「これを使えば、空気中の怒りや憎しみを打ち消すことができるでしょう」と語り、ジャーナリストや党員に香水を配布した。...

全部読む

 

世界最大の海運業トップ、クリスマスシーズンの貨物輸送は問題ないと宣言【英国メディア】

新型コロナウィルス(COVID-19)感染が吹き荒れる中、世界の物流を担う海運業にも深刻な影響が出ている。コンテナ船の船員が感染禍を理由に上陸を拒まれて交代船員の手当てが滞ったり、港湾や陸上輸送トラックの従業員が感染禍で労働力不足に陥っているため、コンテナ船の貨物揚陸・積載ができずに沖待ちを強いられる等に遭っている。そうした中、一年のうち最大の繁忙期とされるクリスマスシーズンでの貨物輸送が危ぶまれ始めたが、世界最大の海運業トップが問題は生じないだろうと力強く表明した。

11月3日付『BBCニュース』:「海運業トップ:“クリスマスシーズンの貨物輸送は問題ない”と発言」

世界最大の海運会社マースク(A.P.モラー・マースク、注1後記)のトップが『BBCニュース』のインタビューに答えて、“顧客等関係者から聞いている限り、クリスマスシーズンの貨物輸送は問題ない”と表明した。

同社は、世界のコンテナ船の約20%を運航する最大手である。

この発言の根拠として、同社のソーレン・スコー最高経営責任者(CEO、57歳)は、同社が更に多くのコンテナ船をチャーターし、受け入れ先の港湾の操業時間が長く伸ばされ、かつ、より多くの倉庫が設営されているからだ、とする。...

全部読む


その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目パーソン
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
人気ランキング