JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2019年11月12日(火)
最新TV速報
【Globali】
 

トランプ大統領シンパの文筆家(元『Foxニュース』キャスター)が同大統領擁護の本を執筆【米メディア】

ドナルド・トランプ大統領は、2度目の米朝首脳会談が思い通りにいかなかっただけでなく、メキシコ国境壁建設費用拠出のために行った国家非常事態宣言も上下両院で否決されるなど、弱り目に祟り目となっている。そこで、自らもセクハラ疑惑で『Foxニュース』の看板番組を降板させられた文筆家のビル・オライリー氏(69歳、注後記)が、この程、同大統領の功績を称える本を出版すると発表した。同氏によれば、同大統領のセクハラ疑惑や口止め料支出に関わる不正資金疑惑については一切触れていないとし、ただ同大統領が実行し、また語ってきたことを綴るノンフィクション本だというが、果たして同大統領にとって追い風となるのだろうか。

3月19日付『ニューヨーク・ポスト』紙:「ビル・オライリー氏の新刊は、トランプ大統領が“どう米国を立て直そうとしているか”を表すノンフィクション本」

  元『Foxニュース』のキャスターであったビル・オライリー氏が、今年9月に「トランプ大統領の米国:大統領は米国をどう立て直そうとしているか」を出版すると発表した。

  出版元は老舗ヘンリー・ホルト出版(1866年創立)で、同氏は、自身の著書の中で1番となると言及した。...

全部読む

 

米国防総省;トランプ大統領がメキシコ国境壁建設を推進するも、新年度国防予算の中心は中国対策【米メディア】

ドナルド・トランプ大統領が打ち出した非常事態宣言も、上下両院で否決された。しかし、同大統領は、拒否権を発動して、あくまでもメキシコ国境壁建設に巨額の費用を投じようとしている。そうした中、国防総省が提案した2020年度(2019年10月~2020年9月)国防予算案では、ロシアや北朝鮮よりも、ましてやメキシコ国境壁建設よりも、肥大する中国の軍事的脅威への対抗措置が中心となっている。

3月16日付『Foxニュース』『AP通信』配信):「新年度国防予算案、壁建設費用問題があるものの中心は中国対策」

  米国にとって、ロシアや北朝鮮問題は依然深刻ではあるが、パトリック・シャナハン国防総省長官代行は、肥大化する中国の軍事力への対応策が最も重要だと強調した。

  同代行は3月14日、上院軍事委員会に対して、前日に発表した2020年度国防予算案の概要について説明した際、“一に中国、二に中国、そして三に中国”と言及した。...

全部読む


その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組