JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2019年09月17日(火)
最新TV速報
【Globali】
 

トランプ大統領;直近の世論調査で来年の再選に黄信号、また市民による弾劾要求デモも発生で泣きっ面に蜂?【米・イランメディア】

ドナルド・トランプ大統領は、対中国、対イランに厳しすぎる対応をみせているが、一方で、金正恩(キム・ジョンウン)委員長と信頼関係ができていると主張し、国際社会から奇異の目で見られている。これは直近の世論調査の結果にも出ていて、来年の大統領選ではどの民主党候補にも負けるとされている。更に、米西海岸では、市民による大統領罷免の弾劾を要求するデモも発生している。

6月16日付イラン『メフル(ミスラの月、イラン暦の7月)ニュース』:「来年の米大統領選でトランプ氏敗戦の可能性」

直近、6月11日発表のクイニピアック世論調査(注後記)の結果、来年の米大統領選で、ドナルド・トランプ大統領の再選は困難となっている。

大方の予想どおり、同大統領の首尾一貫しない外交政策、特に、対イラン、対中国、対ベネズエラでの失政が理由とされている。

米インターネット・ニュース『Vox』のマシュー・イグレシアス氏は、クイニピアック世論調査結果を踏まえて、トランプ大統領の再選は危ういと断言している。...

全部読む

 

トランプ大統領;米・イラン間緊張が高まる中、イラン体制変更は求めていないと事態鎮静化発言【米メディア】

既報どおり、米軍が今月上旬に、空母打撃群をペルシャ湾に派遣すれば、イラン政府支援下にある民兵組織が、イラク駐留の米軍基地を狙ってロケット弾を配備したとの情報が流れ、目下米・イラン間の緊張は非常に高まっている。つい1週間前にもトランプ大統領は、イランが戦争を仕掛けるなら受けて立つし、完膚なきまでに叩き潰す、と言ったニュアンスでツイートしたばかりである。しかし、訪日時に会談した安倍首相からの説得もあってか、同大統領はこの程、イランの体制変更までは求めていないと、事態を鎮静化させようとする発言を行った。

5月28日付『Foxニュース』『AP通信』配信):「トランプ大統領、イランの体制変更は求めていないと事態鎮静化の発言」

ドナルド・トランプ大統領は5月27日、僅か1週間前にイランを崩壊に追い込むとの過激発言をしていたが、米国はイランの体制変更は求めていないと、大きくトーンダウンするコメントを発表した。

訪日時に安倍晋三首相と会談した後の記者会見の場で述べられたもので、同大統領は、安倍首相から、イランとの交渉仲介役を引き受けるとの強い提言があったことを明かした。...

全部読む


その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  営業マン横道日記
人気ランキング
注目番組