JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2024年02月28日(水)
最新TV速報
【Globali】
 

米国;ロシアによる「非友好国」指定に伴い、止む無く在ロシア米国大使館等の現地職員を解雇【米メディア】

ロシア政府は今年5月、米国による対ロシア制裁措置等に対抗して、米国を「非友好国」に指定した。これに伴い、米国は在ロシア大使館・総領事館で現地職員を雇用できなくなるため、米国はこの程、止む無く200人近い現地職員を解雇することとした。

7月30日付『ボイス・オブ・アメリカ』『AP通信』配信):「米国、ロシアによる禁止措置に従って在ロシア大使館等の現地職員を解雇」

米国は7月30日、ロシア政府が期限と定めた8月1日に先行して、在ロシア米国大使館等で働く200人近い現地職員を止む無く解雇した。

ロシアは今年初め、米国を「非友好国」と指定し、在モスクワ米国大使館及び在エカテリンブルグ(ロシア中央)・在ハバロフスク(極東)米国総領事館の非米国人スタッフの雇用を禁止すると発表していた。...

全部読む

 

バイデン政権;国務省No.2を訪中させて米中協調を模索【米・中国メディア】

今年初めに就任したジョー・バイデン大統領(78歳)は、米中関係について“21世紀における民主主義と専制主義の闘い”と定義した上で、前政権と同様、中国の貿易不公正・人権蹂躙問題等々で厳しく対峙している姿勢を示している。ただ、同時に、気候変動対策等米中両大国が協力すべき問題で協調していくと表明している。そうした中、この程国務省No.2を訪中させて、協調的アプローチを試みようとしている。

7月21日付米『ボイス・オブ・アメリカ』:「米国、外交トップをアジアに派遣し中国への協調的アプローチ」

米中間の緊張が高まる中、米外交トップが7月25日、中国で会談することになった。

訪中するのは、国務省No.2のウェンディ・シャーマン国務副長官(72歳、2021年4月就任、オバマ政権下で国務次官)で、中国東端の天津(ティエンチン)において王毅外交部長(ワン・イー、67歳、外相に相当)等と会談する予定である。...

全部読む


その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目パーソン
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
人気ランキング