JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2024年03月02日(土)
最新TV速報
【Globali】
 

北朝鮮、習国家主席の長期政権樹立に畏敬の念から中国共産党大会開催を祝福(?)【米・韓国メディア】

習近平(シー・チンピン)国家主席が2012年に就任以降、金正恩(キム・ジョンウン)委員長の暴走もあって、中朝関係は非常に冷え込んでいる。更に、今年に入ってからの中国による度重なる対北朝鮮制裁強化のため、北朝鮮が中国を名指しで非難することも度々起こっていた。しかし、習国家主席の長期強力政権が確立することに畏敬の念を抱いてか、北朝鮮政府が中国共産党大会開催を祝福するメッセージを発信した。一方、中国が密かに北朝鮮向けに武器供与をしていたとの裏情報もあり、北朝鮮側が秋波を送った真意は謎である。

10月18日付米『ジ・エポック・タイムズ』オンラインニュース(『ロイター通信』配信):「関係が緊迫している中、北朝鮮が中国の党大会開催に祝辞」
  北朝鮮の国務委員会(最高政策指導機関)は10月18日、最近の中朝関係緊迫の中、同日に開幕した中国共産党全国代表大会(十九大)の開催を祝福するメッセージを送った。同委員会は、中国独自の社会主義を進めて偉大な発展を遂げたと称賛している。

  中国外交部(省に相当)の陸慷(ルー・カン)報道局長は10月18日の定例会見で、北朝鮮の朝鮮労働党も含めて多くの海外政党、政治団体、政府高官から祝電を受領した旨発表した。...

全部読む

 

中国、政治的影響力を及ぼすためAIIBの資金力を最大限利用【米・マレーシアメディア】

欧米が中心だった国際金融業界に楔を打ち込むべく、大国の仲間入りしたと自負する中国がアジアインフラ投資銀行(AIIB)を発足させて4年が経つ。同行は2016年1月に開業して以来、加盟国が日米主導のアジア開発銀行(ADB)の67ヵ国を遥かに上回る80ヵ国に達した。更に、当初格付けも取得できなかった同行発行の債権も、世界銀行・ADBと同様、大手格付け3社から最上位の格付けを取得している。そしていよいよ習近平(シー・チンピン)指導部は、標榜する一帯一路大経済圏政策(OBOR)を実現していくため、AIIBを足掛かりに政治的影響力を最大化すべく邁進している。

9月29日付米『ジ・エポック・タイムズ』:「中国、政治的影響力最大化のため経済リスク厭わず」  
 習近平国家主席が2012年に就任以来、AIIB創設にみられるとおり、中国による大国としてのプロジェクトが立ち上げられている。中国は、地域の経済発展に寄与していくとするが、これは表面上のことで、内実は、海外における貿易・インフラ開発事業への中国企業の投資最大化が目的に他ならない。  

 9月28日にニューヨークで開催された、外国政策協会(1918年創設の米国非営利団体)主催の“世界リーダーシップ・フォーラム”において、ユーラシアグループ(1998年創設の世界最大の政治リスク専門コンサルティング会社)アジア太平洋研究部門のエバン・メディーロス主幹は、中国はこれまで、経済支援・投資等あらゆる手段を用いて政治的影響力の増強に努めてきているとコメントした。...
全部読む


その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目パーソン
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
人気ランキング