JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2024年05月31日(金)
最新TV速報
【Globali】
 

トランプ氏息子のロシア弁護士との面会(2017/07/12)

トランプ米大統領の長男ドナルド・トランプ・ジュニア氏が、昨年の米大統領選中にロシア人弁護士と会合していたとされる問題で面会仲介者とのメールを公開した。メールには、仲介人からロシアの弁護士が”ロシア政府によるトランプ候補支援の一環”として、”クリントン民主党候補に不利な情報”を提供するとあったという。サンダース報道官によると、トランプ大統領はメールを公表した息子の透明性を高く評価しているという。民主党議員らからは、「メールは氷山の一角」、「外国政府が陣営に近づき“支援したい”等というのは許されない」、「陣営が米国民主主義転覆をたくらむ敵対国の権力と結託したのは決定的」とし、政権のポストにないジュニア氏の当件がロシア結託といえるのか今後の調査が注目されている。政権の経済政策への新たな悪影響への懸念から金融市場にも影響し、株価とドルが下落し米国債相場は上昇した。

7月11日付『ロイター通信』は「トランプ・ジュニアのメールはロシアがクリントン不利になるよう加担した事を示す」との見出しで以下のように報道している。
「ジュニア氏本人が火曜に公表したメールから、昨年トランプ・ジュニア氏にロシア政府関係者の弁護士(ナタリア・ヴェゼルニツカヤ)と会うよう勧めた人物(ロブ・ゴールドストン)から、トランプ候補へのロシア政府からの支援の一環でヒラリー・クリントン民主党候補に不利となる情報提供すると聞かされていたことが公開されたメールの内容から分かった。...
全部読む

 

トランプ氏がメキシコの富豪と会食(2016/12/21)

ドナルド・トランプ次期大統領は、週末にメキシコの富豪カルロス・スリム氏をトランプ氏所有のリゾートに招き、夕食を共にしたという。この会食はトランプ氏側がメキシコに出向くなどの交渉で実現し、両者の会談はなごやかなものだったという。その資産がGDPの一部門となるほどの資産家であるスリム氏のメキシコへの影響は多大で、トランプ氏も一目置いていた。しかし、トランプ氏の選挙出馬序盤から、トランプ氏によるメキシコ不法移民が「犯罪者や強姦者」だとする発言等からメキシコとの緊張が走り、スリム氏はトランプ氏のNAFTA解体案を批判。(トランプ氏によると)NAFTAの恩恵を受けたメキシコの富豪スリム氏は裏で糸を操っていてメディアを独占し、民主党ヒラリークリントン側を支援する世界的陰謀の中心人物だと批判していた。スリム氏所有のTV局が、トランプ氏の企業と進行中だったプロジェクトを中止したこともある。
トランプ氏当選後は歩み寄った発言が多くなり、メキシコ政府は米国次期政権発足を前に、米国在住移民支援や貿易対策を打ち出すもの、次期政権の出方が分からずスリム氏が外交に乗り出したとの見方もある。

12月20日付米国『CNN』は「トランプを以前非難した「素晴らしい男」カルロス・スリムと会談」との見出しで次のように報道している。
トランプ氏が当選前には反トランプだった南米の大物富豪カルロス・スリムと接近。2人は夕食を共にし、その様子をスリム氏の義理の息子は「とても打ち解けていた」とツイートすると、トランプ氏も「素晴らしい男」だとツイートで報いた。
トランプ氏は2ヶ月前の10月の声明では、トランプ氏が度々対立した「ニューヨークタイムズ」(スリム氏が最大株主)で、スリム氏がメディアを独占していると批判、また、「ニューヨークタイムズ紙はNAFTAの恩恵を受けているメキシコの富豪カルロス・スリム氏が裏で糸を操っていて、ヒラリークリントンの国境開放政策を支援している。...
全部読む


その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目パーソン
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
人気ランキング