JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2024年06月18日(火)
最新TV速報
【Globali】
 

汚職容疑で拘留中のサウジアラビア王子、拘置所は米系五つ星ホテルなれど大金を積んで早期釈放交渉【米・英・サウジアラビアメディア】(2018/01/15)

サウジアラビアでは目下、サルマン第7代国王(82歳)の王位継承者に任命されたムハンマド・ビン・サルマン皇太子(32歳)の号令の下、「ビジョン2030」と称する脱石油の経済大改革が進められている。その一環で、政治・経済界における大胆な浄化政策(反汚職取り締まり政策)がとられ、王族である王子や高官併せて200人余りが逮捕・拘留された。そして、そのうちの一人でアラブのウォーレン・バフェット(米投資家)と呼ばれた、アル=ワリード・ビン・タラール王子(62歳)が、大金を積んで早期釈放を政権側と交渉していることが判明した。ただ、政権側が要求する10億ドル(約1,110億円)の罰金支払いに応じていないため、依然拘束されたままである。

1月14日付米『ボイス・オブ・アメリカ』『ロイター通信』配信):「サウジアラビアの大資本家の王子、早期釈放を求めて政権側と交渉」
  サウジアラビアのアル=ワリード・ビン・タラール王子は、反汚職取り締まり政策の一環で逮捕され、2ヵ月余り拘留されている。

  同王子は、米経済誌『フォーブス』の試算で170億ドル(約1兆8900億円)の資産を保有していて、サウジアラビア最大の国際投資会社キングダム・ホールディングのオーナーでもある。...

全部読む

 

中国、米軍艦が台湾寄港すれば”侵略”と見做すと威嚇【米・英国メディア】(2017/12/13)

既報どおり、北朝鮮問題に関しては、米中両国は表向き協調路線を貫いている。しかし、中国としては、東・南シナ海領有権問題はもとより、台湾を中国の一部とする“一つの中国”原則については、米国の如何なる横槍・注文について看過するつもりはない。そしてこの程中国は、米議会が成立させた、米台両海軍戦艦のそれぞれの寄港案も含む「2018年国防大綱」に基づき、もし米軍艦が台湾に寄港する場合、中国領土への“侵略”と見做すと宣言した。更に中国空軍が、台湾海峡を含めた台湾周辺の戦闘機等による監視飛行を常態化している。

12月12日付米『ロイター通信米国版』:「中国、台湾周辺において“離島包囲”の監視飛行を実施」
  中国人民解放軍(PLA)空軍は12月11日、数多くの戦闘機等を台湾周辺において“離島包囲網のための監視飛行”させた。

  これは先週、米国駐在中国高官の異例発言に続くものである。すなわち、同高官は、米議会が今年9月に成立させた「2018年国防大綱(注後記)」において、米台両海軍戦艦のそれぞれの寄港が許諾されていることに鑑み、もし米海軍が戦艦を台湾に寄港させた場合、中国への侵略と見做すと威嚇した。...

全部読む


その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目パーソン
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
人気ランキング