JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2019年09月18日(水)
最新TV速報
【Globali】
 

トランプ米大統領、自由時間と報道された「エグゼクティブ・タイム」にも働くと反論

トランプ米大統領は10日、公務時間のおよそ6割を自由時間として過ごしているとしたニュースサイトの報道に対し、そうした時間にも「通常は仕事をしている」とツイッターに投稿し、反論した。

『AFP通信』『USAトゥデイ』『ニューヨークポスト』などの多くのメディアが、トランプ大統領の反論について伝えた。米ニュースサイト「アクシオス」は3日、昨年11月の中間選挙以降、大統領の公務時間の約60%は予定が明確に定まっていない「エグゼクティブ・タイム」であり、トランプ氏はこの時間に、電話をしたり、新聞を読んだりする他、ツイッターへの投稿や、テレビを見るなどして過ごしていると報じていた。

トランプ大統領は、ツイッターで、そうした時間は「ネガティブなものではなく、ポジティブなもの」として報じるべきであると指摘し、「エグゼクティブ・タイムには、私は通常働いており、リラックスしているわけではない。...

全部読む

 

2020年米大統領選;民主党の目下の最大の敵はトランプ氏ではなくスターバックス元代表のシュルツ氏?【米メディア】

ドナルド・トランプ大統領は、昨年11月の中間選挙で民主党に敗れ去り、目下政権運営に苦慮している。しかし、2020年の大統領選での再選に向けて、メキシコ国境の壁建設、北朝鮮金正恩(キム・ジョンウン)委員長との再会談で非核化促進等々、実績作りに躍起になっている。民主党としては、ロバート・マラー特別検察官の2016年米大統領選ロシア介入疑惑等の捜査を踏まえて、同大統領の弾劾にまで持っていこうと考えており、2020年での同大統領再選阻止は問題ないとみている。しかし、ここへきて同党を混乱させ始めたのは、有力な大統領選候補者を絞れない状況下、民主党支持者ではあるものの政治経験のない富豪ハワード・シュルツ氏(世界的コーヒーチェーン店のスターバックス元会長兼社長兼最高経営責任者)が、俄かに大統領選候補に名乗りを上げたことである。民主党としては、同氏の登場で、反トランプ票が分かれてしまう等、皮肉にもトランプ氏にとって追い風となってしまうことを懸念している。

1月30日付『NBCニュース』:「民主党にとって、次期大統領選に向けて目下の最大の敵はハワード・シュルツ氏」

  スターバックスの元CEOのハワード・シュルツ氏にとって、無党派での次期大統領選立候補表明は多難の幕開けとなった。

  同氏が立候補を表明してから僅か2日間であるが、元々支持していた民主党から最大の敵と位置付けられてしまったからである。

  民主党から敵意を持たれた最大の理由は、同氏の立候補によって、民主党支持者及び無党派層の反トランプ票が分断されてしまう恐れがあることである。...

全部読む


その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  営業マン横道日記
人気ランキング
注目番組