JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2019年07月19日(金)
最新TV速報
【Globali】
 

米国の不法移民人口が2004年以来最少に、最多のメキシコ出身者が減少

米国の不法移民人口は2016年、2004年以降で最も少ない約1,070万人となったことが、米調査機関ピュー・リサーチ・センターが27日に公開した調査結果により明らかになった。これまで最多のメキシコ出身者の流入減が主因であるという。

『AFP通信』『ロイター通信』『USAトゥデイ』などによれば、同調査は国勢調査など、政府による2016年の最新の各種統計に基づいており、米国の不法移民人口は2007年にピークに達し、約1,220万人を記録したが、その後は減少が続いていると説明している。

減少の背景として、2007年の景気後退とその後の回復の遅さから、移民の就業機会が減ったことが挙げられている。報告書の執筆者の1人は、経済情勢と移民に関する法規制の厳格な履行により、移民が越境を思いとどまり、帰国することになったと指摘した。...

全部読む

 

トランプ大統領とプーチン大統領がパリで首脳会談か?【米・チェコメディア】

ドナルド・トランプ大統領は、今年7月にウラジーミル・プーチン大統領と首脳会談をした際、2016年米大統領選にロシア側のサイバー攻撃があったと米諜報機関が発表しているのに、プーチン大統領の事実無根との言葉の方を信じると発言して、国内外から猛烈に批判された。そして、今秋に同大統領をワシントンに招待するとまで表明したことで、11月初めの重要な中間選挙の前に何を考えているのかとして、与党・共和党からも呆れられた。そこでトランプ大統領は、勝利すると信じている中間選挙後なら良かろうということで、第一次世界大戦(注後記)終戦100周年記念式典が開催されるパリでの再会談を考えている模様である。

10月16日付『USAトゥデイ』紙:「ドナルド・トランプ大統領とウラジーミル・プーチン大統領が11月11日にパリで会談予定」

  ドナルド・トランプ大統領とウラジーミル・プーチン大統領が11月11日、パリで開催される第一次世界大戦終戦100周年記念式典出席を機会に、首脳会談を持つ予定と言われている。

  ただ、米高官は正式には何も決まっていないとコメントしている。

  一方、ロシア国営『タス通信』によると、ユーリ・ウシャコフ大統領補佐官は、プーチン大統領がパリの式典に参加する予定であると表明したとする。...

全部読む


その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組