JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2024年05月22日(水)
最新TV速報
【Globali】
 

米海軍;南シナ海でのF-35戦闘機着艦失敗・海中落下事故のビデオ映像を無断配信した空母乗組員を処罰【米・ロシアメディア】(2022/02/20)

既報どおり、米海軍の最新鋭ステルス戦闘機が1月下旬、南シナ海で空母への着艦訓練に失敗して海中に落下した。原因究明や沈んだ同機の引き上げは今後の課題としても、事故発生後間もなく当該シーンを撮影したビデオ映像が流出し、海軍内で機密情報漏洩問題が注目されていた。そしてこの程、空母乗組員5名が服務規程違反で処罰されることになったと報じられている。

2月18日付米『ラジオ・フリー・アジア(RFA)』(1996年開局の米議会出資の短波ラジオ放送局)が、「米海軍、F-35戦闘機墜落事故のビデオ映像漏洩の罪で5名の乗組員を処罰」と題して、1月下旬に南シナ海において空母への着艦訓練中に海中へ墜落した最新鋭ステルス戦闘機のビデオ映像を無断配信した乗組員が処罰されることになったと報じている。

米海軍報道官のザック・ハレル中佐は2月18日、『RFA』のインタビューに答えて、“統一軍事裁判法(UCMJ)第92条(服務規程違反)に則って、許可なく事故のビデオ映像を流出させた海軍少尉、上級上等兵層、及び3名の上等兵層を処罰した”と表明した。...

全部読む

 

プーチン大統領;ウクライナ侵攻の脅しでウクライナのNATO加盟阻止を画策【米・ロシアメディア】(2021/12/05)

11月28日付GLOBALi「ロシア;対欧州戦略強硬化の一環で核弾頭搭載極超音速ミサイルを大量生産すると発表」で報じたとおり、米国主導の北大西洋条約機構(NATO、注後記)がウクライナ支援の一環で黒海やロシア国境近くでの活動を活発化させていることに不満を抱いたロシアは、来年には核弾頭搭載極超音速ミサイルを大量生産・配備すると発表している。この背景にあるのは、ロシア包囲網を更に加速させないため、ウクライナのNATO加盟を阻止することにあるとみられる。

12月3日付米『AP通信』:「プーチン大統領、ウクライナ侵攻の脅しで同国のNATO加盟を阻止したい意向」

ロシア政府は12月3日、近々行われる予定のジョー・バイデン大統領(79歳)との電話会談において、ウラジーミル・プーチン大統領(69歳)がウクライナをNATOに加盟させないことを保証するよう求めると表明した。

これに関し、米情報局やウクライナ国防相からは、ロシアが早ければ来月にもウクライナに侵攻してくる恐れがあるとの警告が発せられている。...

全部読む


その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目パーソン
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
人気ランキング