JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2021年07月24日(土)
最新TV速報
【Globali】
 

中国軍爆撃機、南シナ海航行中の米空母に攻撃シミュレーション実行【米・台湾メディア】

1月28日付GLOBALi「バイデン新政権;駐米中国大使が敵視ではなく協調を求めれば、新国務長官は南シナ海等の中国暴挙は許さずと強調」で報じたとおり、米国で政権が交代しようとも、南シナ海等の領有権問題に関わる米中対立は継続する見通しである。そうした中、中国人民解放軍(PLA)爆撃機が南シナ海を航行中の米原子力空母に対して、対戦艦攻撃シミュレーションを実行した。

1月30日付米『ウェスターン・ジャーナル』オンラインニュース(2008年創刊の保守系メディア):「中国軍爆撃機、南シナ海航行中の空母“セオドア・ルーズベルト”に向けて攻撃シミュレーションを実行」

米空母“セオドア・ルーズベルト”が率いる空母打撃群が1月23日、南シナ海を航行中にPLA爆撃機が攻撃シミュレーションを仕掛けてきたという。

『ビジネス・インサイダー』オンラインニュース(2009年設立)報道によれば、同日にはPLAのH-6K爆撃機8機、J-16戦闘機4機、Y-8対潜戦闘機1機が台湾領空に侵入していたという。...

全部読む

 

中国IT企業大富豪;西側諸国が共産党政府による拘束疑惑と騒ぎ出したためか3ヵ月振りに公の場に登場【米・香港メディア】

中国の電子商取引最大手のアリババグループ(1999年設立)の創業者である馬雲氏(ジャック・マー、56歳)は、昨年10月に中国金融当局を批判するコメントを出して以降、公の場から姿を消した。西側諸国及びメディアは、中国共産党一党独裁を危うくする恐れがある分子は、人権弁護士から大富豪まで悉く拘束・投獄されていることから、馬氏も同じ運命に陥れられたと騒ぎ出していた。しかし、消息を絶っていた間に何があったか等真相は定かではないが、ともかく馬氏が3ヵ月振りに中国国営メディアに姿を現した。

1月20日付米『AP通信』:「公の場から姿を消していた中国電子商取引大富豪のジャック・マー氏がオンライン上に登場」

中国の電子商取引最大手のアリババグループ創業者のジャック・マー氏が1月20日、2ヵ月半振りに公の場に姿を見せた。

同氏が現れたのは、同氏が創設した「ジャック・マー農村教師賞」の式典にオンライン・ビデオ上であって、中国国営メディア『環球時報』が報じたものである。...

全部読む


その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組