JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2024年02月24日(土)
最新TV速報
【Globali】
 

米海軍、北朝鮮の脅威に対抗するため、北朝鮮レーダー探知不可能な最新鋭ステルス戦闘機搭載の揚陸艦を太平洋艦隊に配備【米・韓国メディア】

北朝鮮問題は、金正恩(キム・ジョンウン)委員長の平昌(ピョンチャン)冬季大会への参加意思表示をきっかけに、南北高官対話実現へと急転直下の展開をみせている。これにはドナルド・トランプ大統領も、余計な茶々を入れず、取敢えず静観する構えである。ただ、北朝鮮にはこれまで何度も騙されてきた過去もあるため、平昌冬季大会期間中の米韓軍事演習は延期するとしても、不測の事態に備えようと、北朝鮮のレーダーでは探知不可能な最新鋭ステルス戦闘機搭載の揚陸艦を第7艦隊(注後記)に配備することを決定した。更に、昨年の米韓軍事演習にも参加した、超大型原子力空母も朝鮮半島に向かわせている。

1月7日付米『CNNニュース』:「米軍、西太平洋にステルス戦闘機搭載の揚陸艦を配備」  
 米海軍は1月6日、最新鋭ステルス戦闘機F-35B戦闘機搭載の強襲揚陸艦“ワスプ”を第7艦隊の管轄地域に配備した。  

 本艦は、排水量4万トン、全長844フィート(約260メーター)の実質的な小型空母である。そして、本艦には、北朝鮮などのレーダーでは探知不可能な最新鋭ステルス戦闘機を搭載している。...
全部読む

 

北朝鮮が核兵器用プルトニウム増産の可能性で脅威拡大【米・英・ロシア・韓国メディア】

7月14日付Globali「韓国配備の終末高高度ミサイル迎撃システム(THAAD)はソウルを守れず、また大陸間弾道ミサイル(ICBM)にも無力」の中で触れたとおり、THAADには、北朝鮮が開発に注力しているICBMを迎撃する能力はなく、しかも、韓国配備中のTHAADは、距離的にソウルが防御範囲外にある上に、北朝鮮から弾道ミサイルの波状攻撃を受けたら防ぎきれない恐れがある。そしてこの程、米シンクタンクの調査の結果、北朝鮮が、核弾頭ミサイル製造用の原料となるプルトニウムを増産した可能性があることが判明したことから、北朝鮮の脅威はいよいよのっぴきならない事態になりつつある。

7月16日付米『NBCニュース』:「米シンクタンク、北朝鮮が推定以上の核兵器用原料保有の恐れと発表」  
 北朝鮮問題を研究している、米ジョンズ・ホプキンス大のシンクタンク“38ノース”は7月14日、昨年9月から今年6月末の間に撮影された衛星写真の熱分布画像データを分析した結果、北朝鮮が寧辺(ヨンビョン)核施設で、核兵器用のプルトニウムを増産した可能性があると発表した。  

 米国のニッキー・ヘイリィ国連大使は、国連安全保障理事会において、北朝鮮に対して更に厳格な制裁決議を採択すべく、中国とロシアに強くはたらきかけている。...
全部読む


その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目パーソン
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
人気ランキング