JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2024年02月22日(木)
最新TV速報
【Globali】
 

アストラゼネカ製ワクチン、ブラジルやカナダなど使用を中止する国や地域が相次ぐ

世界各国でアストラゼネカ社製ワクチンの使用の中止が徐々に広がっている。ブラジルはアストラゼネカ社のワクチンを接種した妊婦が死亡したことを受けて、いくつかの州が妊婦への接種を中止した。カナダのオンタリオ州も血液凝固の報告を受けてアストラゼネカ社の予防接種の中止を発表し、ヨーロッパではノルウェーやスロバキアなども今週、使用中止を決定した。

『フォックスニュース』によると、ブラジルのリオデジャネイロでアストラゼネカ製のワクチンを接種した妊婦が死亡したことで、国の規制当局が妊婦への使用の即時中止を勧告した。これを受けて、いくつかの州は11日から妊婦への接種を中止した。ロイター通信によると、サンパウロ州は規制当局の勧告に従い、合併症のある妊婦へのワクチン接種を中止し、リオデジャネイロ州はすべての女性への接種を中止した。

アストラゼネカ社はロイター通信に対し、臨床試験では妊娠中の女性と授乳中の女性は除外されており、動物実験では 妊娠または胎児の発育に関する直接的または間接的な害の証拠は示されていないと伝えている。...

全部読む

 

白雪姫、王子様のキスがキャンセル・カルチャーの標的に

コロナ禍で1年以上休園していた米カリフォルニア州のディズニーランドが、4月30日から営業を再会した。しかし、再開に向けてリニューアルされた白雪姫のアトラクションがソーシャルメディア上で議論を呼んでいる。魔女に眠らされていた白雪姫を目覚めさせた王子のキスシーンが、ヒロインの同意が得られていないためキスであるため削除されるべきだという指摘を受けたためだ。

英オンラインニュースサイト『インディペンデント』は、ディズニーランドがリニューアルした白雪姫のアトラクションで、王子が白雪姫に「同意なし」のキスを再現しているとして、キャンセル・カルチャーの最新の標的となっていると報じている。

事の発端は、サンフランシスコの地元メディア「SFGate.com」の編集長のケイティ―・ダウドと記者のジュリー・トレメインが掲載したアトラクションに関する記事だ。...

全部読む


その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目パーソン
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
人気ランキング