JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2021年04月19日(月)
最新TV速報
【Globali】
 

東京オリンピック;中止の声高まるも、前橋市で長期事前キャンプ中の南スーダン選手は開催切望【欧米メディア】

南スーダン(注1後記)代表の陸上選手及びコーチの5人は、2019年11月より受け入れ先の前橋市で長期事前キャンプを張っている。しかし、昨年3月に東京オリンピック・パラリンピック大会が一年延期となったこと、また、そのタイミングでの新型コロナウィルス(COVID-19)深刻化に伴う渡航困難に陥ったため、前橋市の好意もあって、今夏の大会終了まで超長期事前キャンプを継続することになっている。従って、直近の世論調査で同大会の中止、あるいは更なる延期を求める声が高まっているが、主催者側以外で、同大会の開催を切望している同選手団について、欧米メディアも詳報している。

2月1日付『ロイター通信』:「COVID-19問題にもひるまず、日本で長期キャンプ中の南スーダン代表選手は東京大会開催に向けてトレーニングに集中」

COVID-19問題で2020年東京大会が1年延期された現在、ちまたで同大会の中止、あるいは延期を望む声が多くなる中、目下日本で事前キャンプ中の南スーダンの選手らは、今夏の大会開催を待ち望んでいる。

世界で最も直近で独立した国であり、かつ最も貧しい国のひとつである南スーダンの陸上競技代表選手一行は、2019年11月から前橋(群馬県)で長期キャンプを張っている。...

全部読む

 

東京オリンピック;日本のスポンサーが33億ドル拠出も依然焼け石に水【米メディア】

12月9日付GLOBALi「東京オリンピック;地元住民は感染症拡大に連れて大会開催について賛否両論」で報じたとおり、新型コロナウィルス(COVID-19)感染流行問題で来夏に延期された東京オリンピックについて、地元住民から大会開催を不安視する声が上がる一方、予定どおりの開催を望む声もある。そうした中、日本側スポンサーは引き続き支援する対応を取っていて、過去の大会実績を大きく上回る33億ドル(約3,465億円)を拠出している。しかし、それでも来夏に延期されたことに伴う追加コストも発生することとなり、巨額となった大会費用を考えると焼け石に水とみられている。

12月11日付『ABCニュース』『AP通信』配信):「東京大会のスポンサーが33億ドル拠出するも、開催総費用に遠く及ばず」

日本の東京大会スポンサーは、これまでに33億ドルを拠出しているが、これは過去の大会のスポンサー分担額の2倍余りとなっている。

しかし、それでも東京大会開催総費用を考えると依然不十分である。

何故なら、1年延期に伴う追加コストが28億ドル(約2,940億円)と見積もられることから、スポンサーには各々更に数百万ドル(数億円)供出するよう要請されているからである。...

全部読む


その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組