JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2024年06月16日(日)
最新TV速報
【Globali】
 

中国外交部:米国は中国の発展を阻害することはできない(2020/06/02)

 6月1日、中国外交部の趙立堅報道官は、記者会見で「米国の指導者が中国を非難しているが、これは事実をみようともせず、中国の内政に干渉し、中米関係を破壊することであり、人を傷つけ、自らも損なうことであり、中国は断固反対する」と述べた。

 中国中央テレビの「米国大統領が、香港国家安全法や新型コロナウイルス、貿易問題などで、中国を非難し、香港に対する特恵を取り消そうとし、中国人留学生の入国を取り消し、中国企業の米国における株式上場を調査しようとしている。中国はこれらをどのように見ているか」との質問に答えたもの。

 趙立堅報道官は「香港は中国領土の一部であり、香港の問題は純粋に中国の内政である。中国の全人代で香港特別行政区の国家安全法と制度を決定することは、中国憲法で規定された権力であり、目的は香港の安全立法で欠けていたものを埋め合わせるためである。...

全部読む

 

したたかな中国;米軍の艦船内ウィルス禍拡大で監視が手薄となる中で南シナ海の制海権拡充【米・中国メディア】(2020/04/08)

4月4日付Globali「したたかな中国;他国が新型コロナウィルス感染問題にかまけている間に南シナ海で着々と天然ガス採掘技術を高度化」で報じたとおり、唯一自国内の感染収束がみえたと嘯く中国は、南シナ海内の海底に賦存する天然ガスを採掘する技術を高度化している。そして今度は、米軍艦船内での新型コロナウィルス感染流行によって、同海域監視活動が手薄となると見るや、人工島の軍事拠点化強化等好き勝手をやり始めようとしている。

4月7日付米『CNNニュース』:「中国、新型コロナウィルス感染流行問題を契機に南シナ海で制海権拡大」

中国人民解放軍(PLA)の英文ウェブサイトに先週、PLAが直近で実施した大規模実戦訓練(注1後記)及びベトナム漁船沈没(注2後記)について詳細な経緯が掲載された。

更に、新型コロナウィルス発症地の武漢(ウーハン)在の軍需産業を拡充するとも言及している。

中国の大規模訓練が実施される前、米軍原子力空母“セオドア・ルーズベルト”がグアム港に向かって航行中に、中国主張の領海内に侵入したと中国側が非難していた。...

全部読む


その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目パーソン
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
人気ランキング