JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2022年12月01日(木)
最新TV速報
【Globali】
 

中国経済成長率大幅減少による対外融資政策後退で、特にアフリカで債務超過に陥る国が続出【インドメディア】

既報どおり、習近平国家主席(シー・チンピン、69歳、2012年就任)が主導する「一帯一路経済圏構想(BRI)」では、スリランカ他アフリカ数ヵ国に“債務の罠(注1後記)”にはまって債務超過に陥る国が出現している。そうした中、中国の現在及び今後の経済成長率が大幅減少する見通しから、融資先の国々への債務弁済見直しや追加融資の話が厳しく制限されることに伴い、債務超過に陥る国がアフリカを中心に7ヵ国にも上っている。

11月3日付『アジアンニュース・インターナショナル』オンラインニュース(1971年設立)は、「中国の融資政策後退によって債務の罠に陥る国がアフリカで続出」と題して、中国政府による現下及び将来の経済成長率大幅減少見通しに伴う融資政策後退によって、特にアフリカ諸国で債務超過に陥る国が増加していると報じている。

イタリアの経済評論家フェデリコ・ジュリアーニ氏は『インサイド・オーバー』オンラインニュースへの投稿文で、中国が融資先のアフリカ諸国への追加支援に消極的となったことから、これらの国は中国の“債務の罠”にはまったと感じ始めている、と言及している。...

全部読む

 

米国の景気後退によるアジアへの影響

経済の専門家は、米国の景気後退により、アジアで最も影響を受けるのは、シンガポールやタイだと予測している。

9月4日付米『CNBC』:「米国の景気後退によるアジアへの影響」:

米国が景気後退に陥った場合、他地域よりも東南アジア諸国への影響が大きい。強気な金利引き上げ策を継続する米国では、インフレと景気低迷の交差が続いており、今年度は二期連続でマイナス成長、事実上の景気後退ともいわれる。

専門家は、米国が景気後退に入ったら、最初に影響を受けるのは、シンガポールとタイだと予測する。メイバンクの上級エコノミスト、チュア・ハク・ビン氏は、シンガポールの弱点は、輸出依存型の自由経済によるものだとする。...

全部読む


その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
人気ランキング
注目番組