JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2023年02月07日(火)
最新TV速報
【Globali】
 

中国のCOVID-19感染再拡大にも拘らず習国家主席の「ゼロコロナ政策」堅持で世界市場に悪影響か【米メディア】

中国では、上海等大都市圏で新型コロナウィルス(COVID-19)感染が再拡大しているが、習近平国家主席(シー・チンピン、68歳)は「ゼロコロナ政策」を堅持すると強硬である。そこで、4月15日付『AP通信』『CNNニュース』等は、中国の自動車や半導体メーカーの部品不足による工場閉鎖、物流の混乱、更には農村部における作付け作業への影響によって、世界市場の価格高騰がもたらされる恐れがあると報じている。

中国の大都市圏でCOVID-19感染が再拡大し、少なくとも44都市で大掛かりの都市封鎖措置、あるいは部分的な行動制限が取られている。

この措置に伴う経済活動の停滞が発生し始めていて、長期の外出禁止等に遭っている住民の不満が噴出しているのみならず、後退気味の中国経済の足かせから世界市場への悪影響までが懸念され始めている。

2,500万人の人口を抱える上海市では、大規模都市封鎖に多くの住民が不満を募らせたことから、一部規制緩和に動き始めているが、多くの経済活動は停止したままである。...

全部読む

 

中国、輸出好調も輸入が減少

中国国営メディアは、新型コロナウイルスの封鎖が国内流通と国際輸送に深刻な問題を引き起こしていると報じている。中国の輸入は、世界的なパンデミックの回復の中で、1月と2月に15.5%増加し、専門家たちは3月に少なくとも8%の成長を予測していたが、代わりに0.1%の減少となった。

『ブライトバート』によると、ピンポイント・アセット・マネージメントの首席エコノミスト、張智威氏は「中国の3月の輸出は好調を維持したが、輸入は崩壊した。輸入の低迷は、オミクロンの発生により中国の主要港を通過する物資の流れが滞ったことを反映していると思われる。3月の輸入はそれ以前の注文を反映しているので、おそらく需要減退が原因ではない」と指摘している。張氏は「サプライチェーンの混乱は工業生産に悪影響を及ぼす」ため、4月には輸入がさらに減少し、少なくとも5月までは低迷する可能性があると予想している。...
全部読む

page12345678910

その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
人気ランキング
注目番組