JCCテレビすべて
特集 ワクチン・新薬・検査
2021年03月05日(金)
最新TV速報
【ワクチン・新薬・検査】
英国・ワクチン接種・8日から開始へ(12月6日)
英国では米国の製薬大手、ファイザーなどが開発した新型コロナウイルスのワクチンの接種が今月8日から始まることになった。

英国ではファイザーとドイツの企業、ビオンテックが開発した新型コロナウイルスのワクチンが承認されワクチンは製造拠点のあるベルギーから英国国内に運ばれ、品質などのチェックを終えて安全な場所に保管されている。

英国国内での接種は今月8日から始まることになりロンドンのあるイングランドでは50の病院で行われる予定で看護師などが接種の手順の確認作業などを進めている。...
全部読む



WHO事務局長・“ワクチン開発で対策の緩み懸念”(12月5日)
米国の製薬大手ファイザーと、ドイツの企業ビオンテックが開発した新型コロナウイルスのワクチンは、英国で今月2日に承認され来週前半から接種が始まることになっている。

WHO(世界保健機関)のテドロス事務局長は、ワクチンの開発が進む中で感染対策に緩みが出ることに懸念を示し、「世界の多くの場所では今も医療体制がひっ迫した状況が続いている」として「一人一人が感染対策を徹底する必要がある」と呼びかけた。


英首相”史上最大の接種計画”(12月3日)
米国の製薬大手ファイザーとドイツの企業ビオンテックが開発した新型コロナウイルスのワクチンについて、英国政府は承認されたと発表した。

日本が供給を受ける予定のワクチンが承認されたのは初めてである。

英国・ハンコック保健相は、来週前半に接種を開始する見通しを明らかにした。大規模な接種は来年になってからで、高齢者施設入所者や介護職員、80歳以上などが優先されるという。

英国の規制当局などは安全性や有効性を継続的に調べることにしている。...
全部読む



米国「モデルナ」ワクチン緊急使用の許可申請(12月1日)
米国の製薬会社モデルナは開発中の新型コロナウイルスのワクチンの有効性を分析した結果を明らかにするとともに、緊急で使用するための許可を米国のFDA(食品医薬品局)に申請したと発表した。

開発の最終段階となる第3段階の臨床試験では94.1%の有効性が確認されたとしたうえで、安全性について健康への重大な影響は認められていないとしている。

日本政府はモデルナがワクチンの開発に成功した場合、来年秋までに2500万人分のワクチンの供給を受ける契約を結んでいて、このうち2000万人分は来年1月から6月までに供給されることになっている。



英国アストラゼネカ治験過程に誤り(11月27日)
英国の製薬大手アストラゼネカがオックスフォード大学と開発する新型コロナウイルスのワクチンについて、臨床試験の過程で誤りがあったことがわかった。

アストラゼネカが公表した治験結果によると、最初に1回分の半分の量を投与し1か月後に1回分の追加したグループでは90%の効果を確認した。

本来は最初に1回分を投与する過程を誤って半分の量を投与していた。


過去の記事
1 ... 9 10 11 . 20 30 . 33

「ワクチン・新薬・検査」内の検索
▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組