JCCテレビすべて
特集 ワクチン・新薬・検査
2021年03月05日(金)
最新TV速報
【ワクチン・新薬・検査】
開発チーム“期待持てる結果”ワクチン確保の競争激化(7月21日)
ワクチン確保をめぐる国家間の争いが激化している。

英国・オックスフォード大学は製薬大手アストラゼネカなどとワクチン開発を進めていて、3段階の臨床試験の初期段階の結果が20日、英国の医学雑誌「ランセット」に掲載された。

それによると、ワクチンを接種した127人のうち、未接種の人と比べ抗体量が上昇し、接種から28日後に最高になることが確認された。

抗体量は接種から56日後でも高い値を維持していた。...
全部読む


厚生労働省・ワクチン確保へ・海外製薬会社との交渉本格化へ(7月21日)
新型コロナウイルスのワクチンの確保に向けて厚生労働省は弁護士らをメンバーに入れたチームを設置した。

今後このチームを中心に海外にある複数の製薬会社との交渉を本格化させる方針である。

新型コロナウイルスのワクチンの確保に向けて公明党の斉藤幹事長はきのう加藤厚生労働大臣と面会し、緊急の提言書を手渡した。提言書では、欧米諸国と比べ、日本はワクチンの開発を進める製薬会社などとの交渉が遅れていると指摘し、交渉を急いでワクチンを確保することやいつまでにどの程度の量を確保する計画なのかを明らかにすることなどを求めている。...
全部読む


唾液PCR検査始まるが(7月18日)
空港検疫や濃厚接触者に対して唾液PCR検査と抗原検査を行うことについて厚生労働省が認可した。時間の短縮や、検体提供者が自分自身で検体を採取できるため、医療関係者の感染リスクを減らすことにつながり、来年7月の東京五輪開催に向けて入国者数を徐々に緩和していくことが求められている日本にとってはめざましい前進と捉えるべきである。

ただし、どれだけ厳密にPCR検査を行ったとしても感染者の中の一定数は偽陰性としてすり抜けてしまうことは覚悟しておかなければならない。...
全部読む



ワクチン開発最前線(7月18日)
ジョンソンエンドジョンソンは開発中の新型コロナウイルスワクチンの第三相試験に早ければ9月下旬にも乗り出す方向であることを16日に発表した。

2021年末までに10億回分を超えるワクチンが提供できるように開発と並行して量産の準備も進めている。ワクチンは基本的に米国に優先的に供給されるが、日本政府とも供給の割り当てをめぐり協議が進められているという。

欧米では開発と同時並行で製造設備の増強に多くの資金が投じられている話はよく聞くが、日本における量産体制はどのような状況にあるのだろうか。...
全部読む



ロシアがワクチン開発情報を盗み出そうとした(7月17日)
米国、カナダ、英国は「ロシアが新型コロナウイルスのワクチン開発に関する情報を盗み出そうとした」と非難した。

3か国によるとロシアの情報機関と関連のある機関が研究機関や製薬会社をターゲットにしているという。

実際に情報が盗まれたかは分かっていない。


過去の記事
1 ... 19 20 21 . 30 . 33

「ワクチン・新薬・検査」内の検索
▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組