JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2024年06月16日(日)
最新TV速報
【Globali】
 

米メディア;COP21での温室効果ガス削減政策に対して、米中二大国内の抵抗(2015/11/30)

11月30日から12月11日まで、パリにおいて、国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP21)が開催される。日本を初めとする世界各国は、自国の温室効果ガス削減目標を掲げて、2020年以降の新しい温暖化対策の枠組み合意を目指す。その中で、二酸化炭素排出量の世界第1位、2位の米中が率先して、気候変動対策構築に向けて各国をリードしていくことが求められるが、両大国とも国内や為政者の中に、温室効果ガス削減を無意味として、国際社会と逆行する動きをみせる人達がいると米メディアが批評している。

11月27日付『ボイス・オブ・アメリカ』は、「COP21で、温室効果ガス削減合意期待」と題して、「11月30日からパリで開催されるCOP21には、196ヵ国・地域の代表が出席して、科学者が警鐘を鳴らす、地球上の気温上昇を2度以下に抑えるため、温室効果ガスの削減目標について枠組み合意を目指す。温暖化の悪影響の一例として、中国グリーンピース代表が挙げているのは、海抜4,700メーターのチベット高原の氷河が融け出していて、このままでいくと2050年までには3分の2が失われ、中国、インド、パキスタン、バングラデッシュ、ブータンのおよそ20億人の人が深刻な被害を受けることになるという。...
全部読む

 

米・中・韓国メディア;靖国神社での爆発事件の報道について(2015/11/24)

11月23日(祝日)の午前10時頃、靖国神社から、爆発音がして煙が出ているとの110番通報があり、警視庁が調べたところ、敷地内の男子用トイレで金属パイプや発火装置の残骸が見付かった。この日、同神社では、五穀豊穣を祝う新嘗祭が催されていたが、怪我人はなく、祭祀も予定通り行われた。この事件について、靖国神社に特別な見方をしている米・中・韓国メディアそれぞれが速報している。

11月23日付米『ウォール・ストリート・ジャーナル』紙は、「何かと物議をかもす靖国神社で11月23日朝10時頃、爆発騒ぎが発生した。当日は日本の祝日で、同神社の秋の収穫祭祀が行われる直前の出来事だった。爆発は同神社南門付近の公衆トイレで起こった。怪我人はおらず、また、犯人も捕まってはいない。同神社には、第二次世界大戦で戦死した240万人の慰霊に加えて、14人のA級戦犯も祀られているため、日本の軍国主義の象徴として注目を浴びていて、2013年には可燃性の液体で同神社に放火しようとした韓国人が逮捕され、また、昨年大晦日にも25歳の日本人が、同様放火容疑で逮捕されている。...
全部読む


その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目パーソン
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
人気ランキング