JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2024年03月02日(土)
最新TV速報
【Globali】
 

BRICSサミット主催の南ア、プーチン逮捕の義務を負いたくないので代理人を出席させるようロシア側と最終交渉【米・ロシアメディア】

南アフリカ共和国(1910年建国)は8月下旬、同国で新興5ヵ国首脳会議(BRICSサミット)を主催する。ただ、出席を希望するウラジーミル・プーチン大統領(70歳、2000年就任)に対して、国際刑事裁判所(ICC、注後記)から逮捕状が出されているため、ICC加盟国の南アには逮捕義務が課せられる。そこで、南ア大統領が今月末、代理人を出席させるよう、訪ロの上でプーチン大統領と直談判する意向である。

7月15日付米『ニューヨーク・タイムズ』紙、『AP通信』、ロシア『ロシア・ヘラルド』紙等は、南ア大統領が、8月下旬に同国で開催するBRICSサミットに代理人を立てるよう、ロシア側を説得すべく奔走していると報じている。

南アは今年8月22~24日、ヨハネスブルグにおいてBRICSサミットを主催する。

ただ、南アにとって大きな問題は、ICCから逮捕状が出されているウラジーミル・プーチン大統領が同サミットに出席するとなると、ICC加盟国である南ア政府には同大統領を逮捕する義務が生じることになることである。...

全部読む

 

元トランプ支持者の共和党重鎮、米国の将来ではなく2020年大統領選結果の見直しのみに拘泥するトランプを”子供扱い”【米メディア】

クリス・クリスティ元ニュージャージー州知事(60歳、2010~2018年在任、共和党員)は、2016年の大統領選においてドナルド・トランプ前大統領(76歳、2017~2021年在任)の強烈な支持者であり、政権移行準備チームの責任者を務める程であった。しかし、その後仲違いしたこともあって、現在では共和党の中で反トランプ派に属しているが、同氏はこの程、同前大統領をして、米国の現在及び将来政策ではなく、依然2020年大統領選の結果の見直しのみに拘泥するという“子供じみた”考えしか持たないと痛烈に批判している。

5月3日付『ニューヨーク・タイムズ』『ハフポスト』『ビジネス・インサイダー』等は一斉に、元トランプ支持者の共和党重鎮が、同前大統領は2020年大統領選結果の見直しという、米国の将来ではなく自身の利益にしか目を向けようとしない“子供じみた”政治家だと痛烈に批判したと報じている。

かつては親友の中であったとされるクリス・クリスティ元NJ州知事が5月3日、ドナルド・トランプ前大統領は今のところ2024年大統領選共和党予備選候補者の中で他をリードしているが、その支持を失う恐れから、今夏に行われる共和党立候補者らによる選挙討論会に参加しないだろうとコメントした。...

全部読む


その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目パーソン
最新のTV・CM  最新CMはコチラ>>
人気ランキング