JCCテレビすべて
特集 スポーツの神様
2017年04月27日(木)
最新TV速報
     
【スポーツの神様】
投壊危機に二筋の光明・菅野と石川への期待値(3月3日)
世界一を奪還するというその思いに全く変わりはない」(小久保裕紀)。WBC・ワールドベースボールクラシック開幕までいよいよ一週間を切った。しかし、侍ジャパンはソフトバンクホークスと台湾選抜との壮行試合でよもやの連敗。出足でいきなり足元をすくわれた格好に。開幕前の壮行試合での連敗は初の失態である。

1日、再び台湾リーグ選抜との雪辱戦に臨む先発のマウンドに立ったのはジャイアンツの菅野智之だ。得意のカットボール、スライダーともに球が走り、4イニングを58球・無失点のピッチングを披露。...
全部読む

「四横綱時代」復活!・さらなる土俵の充実を(3月2日)
大相撲春場所の番付が発表され、稀勢の里が日本出身力士として19年ぶりに綱の地位に就いた。第72代横綱として臨む場所を前に会見を行い「優勝争いが使命」と決意を語った。昇進後の祝賀会やパレードなどイベント続きで調整不足と思うが、これまで稀勢の里は猛稽古を重ねてきたことで知られている。場所には間に合わせるよう、きちんと仕上げてくるだろう。

四横綱(白鵬、日馬富士、鶴竜、稀勢の里)が実現したのも17年ぶりのこと。...
全部読む

信州生まれの“プレミアムゴールド“小平奈緒(3月1日)
カナダ・カルガリーで行われたスピードスケートの「世界スプリント選手権」。短距離の世界一を決めるこの大会は500mと1000mのレースを2日間行い、4レースの合計獲得ポイントで争われる。この大会で26日、日本のエース・小平奈緒が総合優勝を決めた。日本人の総合優勝は1987年の黒岩彰以来実に30年ぶり。日本人女子としては初めての快挙だ。

今季絶好調の小平。21日には北海道・帯広で行われていたアジア冬季大会で二冠を獲得したばかりだが、カルガリーでもその力強い滑りは健在。...
全部読む

四半世紀の歴史・Jリーグの新たな戦いが開幕(2月28日)
今年25年目を迎えるサッカーJリーグが開幕した。J1第1節全9試合の総入場者数は20万人を超え、各地のスタジアムでサポーターが声援を送った。優勝賞金総額22億円を18チームが争う今年のJ1。注目チームの初戦を振り返ってみよう。

昨年世界2位に輝いた鹿島アントラーズと対戦したのはFC東京。このオフは両チームとも大型補強を行っているが、特にFC東京には2013~15得点王の大久保嘉人をはじめ永井謙佑、太田宏介、高萩洋次郎ら多くの日本代表経験者が加わった。...
全部読む

都心の春を駆け抜ける“超ビッグイベント”(2月27日)
今年で11回目となる東京マラソンが26日行われた。参加人数3万6000人を誇る日本最大の市民マラソン。東京都庁をスタートし、東京ビッグサイトのゴールまで、大勢のランナーたちが駆け抜ける光景は春の風物詩になったが、今年からコースが一部変更となった。蔵前や両国、深川、門前仲町など下町の街並みを折り返し、そこから東京駅前にゴールインする形だ。

歌舞伎町、神田、日本橋、銀座、芝といった観光名所を網羅するうえ、東京を象徴する数多くのシンボルを景色に盛り込んだコース設定。...
全部読む

▲画面のトップへ