JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2024年06月25日(火)
最新TV速報
【Globali】
 

中国;南シナ海におけるドゥテルテ比大統領の身勝手な要求(経済援助は別に、同海域での権利主張)を一蹴【米・台湾メディア】(2018/08/17)

フィリピンのドゥテルテ大統領は、南シナ海領有権問題について従来政権と違って、中国寄りの方針に転換している。すなわち、2016年7月のハーグ(オランダ)常設仲裁裁判所の裁定(中国の南シナ海領有権主張に法的根拠なし)を得たにも拘らず、これはひとまず棚に上げて、中国側から過分の経済支援を引き出すことに注力している。しかし、反ドゥテルテ派の突き上げもあってか、フィリピンがこれまで主張していた南シナ海諸島周辺での同国による自由な活動について、中国側に柔軟な対応を求めたものの、良い所取りはさせないとばかり、あっさり一蹴されてしまった。

8月16日付米『ロイター通信』:「中国、フィリピン大統領の南シナ海における主張をあっさり一蹴」

  ロドリゴ・ドゥテルテ比大統領は、南シナ海の領有権争いがある諸島に中国が建造した人工島周辺において、中国以外の飛行機や船舶が近づくことを拒否する権限はないとし、中国側の態度“軟化”を求める旨発言した。

  これに対して中国外交部(省に相当)は、スプラトリー(南沙)諸島は中国固有の領土であるとした上で、国際法に則って他国の飛行機や船舶の航行の自由を尊重するが、同人工島への異常な接近や同島住民に脅威となるような挑発的行為に対して、必要な措置を講ずる権利があると強調した。...

全部読む

 

北朝鮮がまたも日本人を拉致;日朝平和条約及び太平洋戦争賠償請求交渉を有利に運ぶための切り札?【米・台湾メディア】(2018/08/13)

既報どおり、北朝鮮は、南北朝鮮首脳会談、中朝首脳会談、そして米朝首脳会談を立て続けに持ち、“朝鮮半島の非核化”をタネに交渉を有利に進めようと、それぞれの関係国間のパワー・バランス等をうまく活用している。一方、日本に対しては、解決済みの拉致問題で北朝鮮を責め続けていて、北朝鮮の関係国との交渉を妨げる存在として、敵視する態度を取っている。これは、日本との平和条約締結や戦後賠償請求交渉を有利に運ぶための北朝鮮の常套手段だとみられるが、その交渉カードを増やすためか、新たに日本人を拉致したとの速報が入っている。

8月11日付米『ワシントン・ポスト』紙:「北朝鮮が日本人旅行者を拘束したと発表して、日朝間国交正常化交渉は複雑化」

  『共同通信』は8月11日、北朝鮮が、同国を訪問中の日本人旅行者をスパイ容疑で拘束したと報じた。

  30代の日本人男性は、海外の旅行会社手配で訪朝していたが、同国西部の南浦(ナムポ)において、複数の軍事施設を動画撮影したために拘束されたという。

  複数の日本のテレビ局は、拘束された男性は“映像制作者”と称していて、これまで北朝鮮を複数回訪問していると報じている。...

全部読む


その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目パーソン
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
人気ランキング