JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2024年07月14日(日)
最新TV速報
【Globali】
 

プーチン氏が中央選管に大統領選再出馬の立候補届けをすれば、同選管から立候補届けが不承認とされたナワルニー野党々首は投票ボイコットの大集会開催呼び掛け【米・英・チェコ・中国メディア】(2017/12/28)

12月17日付GLOBALi「プーチン大統領の次期大統領選;有権者の無関心と副市長職時代の元上司息女の立候補が頭痛の種(?)」の中で触れたとおり、プーチン政権が懸念するのは、大統領選への有権者の関心が高くないことで、圧倒的な支持を得られないことである。この程、プーチン氏は、政権与党・統一ロシア(2012年よりドミトリィ・メドベージェフ首相が党首)ではなく無所属で立候補するため、規定に則って500人の推薦人名簿とともに中央選挙管理委員会(CEC)に立候補を届け出た。一方、対抗馬とみられる進歩党々首のナワルニー氏は、CECより横領罪の有罪判決を受けていることを理由に立候補届けが認められなかった。これを受けて同氏は、プーチン氏が恐れる圧倒的支持率獲得妨害のため、有権者に投票ボイコットを呼び掛ける大集会を開催すると訴えた。

12月27日付米『AP通信』:「プーチン氏、CECに推薦状とともに立候補届け」
  ウラジーミル・プーチン大統領は12月27日、CECに来年3月の大統領選への立候補届けを提出した。

  同氏は今回、与党・統一ロシアではなく無所属で立候補するため、国内法に則って500人以上の推薦人が必要だが、支援者の国会議員・スポーツ競技者らからの推薦状を付している。

  一方、プーチン氏の対抗馬とみられる野党のアレクセイ・ナワルニー党首は、12月24日にCEC宛に立候補届けを提出したが、CECは翌日、同党首が有罪判決を受けていることを理由に立候補を認めない決定を下した。...

全部読む

 

米・英・ロシア・中国メディア;中国国産空母”遼寧”が西太平洋デビュー(2016/12/25)

12月15日付Globali「中国、やはり南シナ海軍事拠点化促進」の中で、“中国は、米大統領交代期に米国のアジアへの睨みが疎かになっている隙に、軍事演習を頻繁に行ったりして東アジアにおいて威圧的な対応を取っている。そして、習主席が軍事拠点化はしないと言っていた南シナ海において、中国が一方的に埋め立てて築いた人工島全7島に対空機関砲等を装備していることが判明した”と報じた。そして今度は、初の国産空母として製造した“遼寧(リャオニン)”をいよいよ西太平洋での遠洋訓練にデビューさせる意向である。

12月25日付米『ボイス・オブ・アメリカ』『AP通信』配信):「中国の空母が初の遠洋訓練」
「●中国国防部は12月25日、中国国産空母“遼寧”が12月24日、西太平洋における初の遠洋訓練のために出航したと発表。  
●中国国営メディアによると、“遼寧”は2012年に中国海軍で建造され、今回の遠洋訓練で、西太平洋からオセアニアのニュージーランド、そして一部のアジア諸国まで航海予定。...
全部読む


その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目パーソン
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
人気ランキング