JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2022年08月08日(月)
最新TV速報
【Globali】
 

WHOがポリオ撲滅達成のため、ワクチンを変更

ポリオは、ウィルスによって感染する病気の一つで、小児麻痺とも呼ばれている。このウィルスに感染しても多くの場合は症状が出ないか、出たとしても風邪や胃腸炎に似た症状だけで済むことが多い。しかしながら、感染者の1000人~2000人に一人は手足に麻痺が残るという。この病気が小児麻痺と呼ばれるのは、5歳以下の小児が多く(約90%以上)感染するためであるが、成人も感染しうる病気であることがわかっている。主な感染源は患者の便から排出されるウィルスによるとされ、現在世界各地でポリオワクチンの接種が行われている。ポリオはウイルス接種によりほとんどの国で根絶されつつあり、現在はパキスタンとアフガニスタンでごく少数の患者が出ているのみである。しかしながら、患者数がたとえ少数であっても、根絶されない限りは再び流行する危険性があるため、世界保健機関(WHO)はポリオ撲滅のキャンペーンを展開してきた。そして、今週からワクチンの型を変更し、ポリオ撲滅のためのラストスパートをかけている。各メディアは次のように報じている。

4月16日付『PBS』(米)によれば、ポリオには3つの型があり、それぞれ1型、2型、3型とされ、全ての型に対応したワクチンは3価型と呼ばれる。しかし現在2型のポリオは撲滅済みとされ、2型を含んだワクチンの接種は無意味どころか、2型のポリオの流行を引き起こす可能性を有する。そのため、2型を排除したワクチン(2価ワクチン)を世界150か国で今週から導入する予定だという。このキャンペーンはWHO、米国疾病対策センター、ビル・アンド・メリンダゲイツ財団主導で行われるという。...
全部読む

 

ニューヨーク州が「性転向セラピー」に対する保険適用を禁止へ

ニューヨーク州知事であるクオモ氏が先週土曜日、公的・私的を問わずLGBT(レズビ アン・ゲイ・両性愛者・心身の性の不一致)を対象とした「転向セラピー」に対して の保険適用を禁じる意向であることが明らかとなった。「転向セラピー」とは、LGBT に対して、その考えを改めさせるために「治療」を行うというものである。各メディ アは以下のように報じている。

2月6日付『ザ・ガーディアン』(英)はクオモ氏が前述の方針を、アメリカの非営利 組織「ヒューマン・ライツ・キャンペーン」から受賞することが明らかになた時点で 発表した旨報じている。クオモ氏の発表によれば、ニューヨーク州では保険の適用を 禁じるのみならず「転向セラピー」を公的機関が行うことも禁止されるという。

同氏は、ニューヨークはLGBTの権利に関して最先端の州であり「転向セラピー」は州 の立場とは相いれないものだと語っている。...
全部読む


その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新のTV・CM  最新CMはコチラ>>
人気ランキング
注目番組