JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2024年04月22日(月)
最新TV速報
【Globali】
 

パリ19区、麻薬常習者への公園解放に地元住民が抗議のデモ(2021/06/25)

フランスの首都パリ北東部にあるエオル公園で、23日地元住民による抗議デモが行われた。パリ市役所が5月に、麻薬依存症の人達を一か所に集めるために地元公園を夜間開放することを決定。以降、公園内での麻薬中毒者が急増しており、地元住民の反発を招いている。

『ロシア・トゥデイ』によると、パリ19区のスターリングラード広場に住む百数十人の住民は、6月23日、エオル公園を行進し、麻薬常習者の出入りに対する不安を表明し、当局に麻薬中毒者の管理を求めた。

パリ19区にあるスターリングラード広場は以前から麻薬の密売人や購入者が集まることで知られており、住民に不安を与えていた。こうした状況に対処するために、パリ市は5月17日に近所にある「エオル公園に麻薬常習者を移動させ、住民を救済する」と発表した。...

全部読む

 

フランスの市議会、開始前に瞑想の時間を持ったことが話題に(2021/04/21)

フランス南西部のオクシタニー地域圏にあるカスタネット・トロザン市で4月13日、市議会が開かれた。冒頭、緑の党副代表の副議長が、同じく緑の党の市長の許可を得て議会を始める前に短い瞑想の時間を設けた。しかし、市議会議員らが瞑想する時間を持ったことに対してネットの評価は分かれている。

人口15,000人ほどの小さな村カスタネット・トロザンは、「ヨーロッパ・エコロジー=緑の党」に所属するグザビエ・ノルマン市長が2020年から市長を務めている。南フランスの日刊紙『ラデペシュ・デュ・ミディ』は、「4月13日の夜に開かれた市議会で、出席した議員や職員らは驚くべき光景を目の当たりにした。」と報じている。

同紙によると、緑の党のグザビエ・ノルマン新市長は、市議会の出席者の確認が終わると、児童・青少年・スポーツ担当の副市長に発言を促した。...

全部読む


その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目パーソン
最新のTV・CM  最新CMはコチラ>>
人気ランキング