JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2024年07月16日(火)
最新TV速報
【Globali】
 

米報道官の失言(2017/04/12)

米国のショーン・スパイザー大統領報道官は、記者会見で第二次大戦中のナチス・ドイツのヒトラーでも化学兵器は使わなかった(それなのに、シリア・アサド大統領は市民に使用した)と発言し、ホロコーストでは主に化学兵器により多くの犠牲が出たとされるため批判を浴びた。同氏はこの発言を不適切だったと謝罪した。現在はちょうどユダヤ教徒の過越祭(ペサハ)中のため余計に批判が高まっており、ユダヤ教関係者からはスパイザー氏の辞任要求も出ている。

4月11日付米国『USAトゥデイ』は「ショーン・スパイザー:ヒトラー発言は誤り」との見出しで以下のように報道している。
トランプ大統領のスパイザー報道官はアサドをヒトラーに例えたことを撤回した。火曜の記者会見で同氏は「第二次大戦において科学兵器は使用されなかった。ヒトラーでさえも(使用していない)」と発言。火曜の記者会見での発言を同日夕方「不適切だった」と謝罪。「先週アサド政権が行ったように戦場においては使用しなかったという意味だったと説明、サリンガスについてはアサドがしたようなやり方では使用しなかった。...
全部読む

 

世論調査でクリントン優勢だがトランプも猛追(2016/11/04)

米大統領選挙の投票日が今月8日と迫る中、ドナルド・トランプ氏が激戦州でヒラリー・クリントン候補にせまったり、ある全米世論調査では、共和党のトランプ氏支持率が民主党のクリントン氏を上回ったり、依然としてクリントン氏が有利な状況ではあるがその差は縮まっており、接戦が予測される週も出てきた。米連邦捜査局(FBI)が先月末にクリントン氏のメール問題の調査再開を発表して以降、クリントン氏の支持率は大半の有権者グループで低下、トランプ氏は大卒有権者で僅かに伸び、トランプ氏が女性に嫌われているためかクリントン氏は女性票では15ポイント前後の伸び。英国の調査機関はブレグジット支持者のように、異端者意識と扱いを懸念するトランプ支持者が世論調査に現れていない可能性もあり、世論調査も(トランプ氏が不正だというように)不確かなものだとも指摘している。

11月4日付『ロイター通信』は「トランプがクリントンを猛追、ロイターイプソス全国調査」との見出しで次のように報道している。
ここ数週間でスイングステート(激戦州)ではトランプ氏が勢いついてきた。フロリダ州、北カロライナ州ではタイ、ミシガン州では差が縮まり、オハイオ州では激戦、ペンシルバニア州ではクリントン優勢である。もちろんクリントン氏に勝算はあるが、黒人層が2012年の投票率ほど低ければトランプ氏にも可能性はある、条件はフロリダと北カロライナ州での勝利があればだが。...
全部読む


その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目パーソン
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
人気ランキング