JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2017年04月26日(水)
最新TV速報
     
【Globali】

米・ロシア・韓国・中国メディア;紆余曲折する米最新型ミサイルシステムの韓国配備

米韓両政府は昨年、北朝鮮の核・ミサイル開発の脅威が一段と増したことから、これに対抗する手段として、終末高高度迎撃ミサイルシステム(THAAD)を2017年中に韓国配備することで合意した。しかし、かねて反対していた中国の対韓国圧力が増しただけでなく、朴槿恵(パク・クネ)大統領が職務停止に追い込まれて政権内の統制が取れない状況に陥っていることから、THAAD配備時期について混沌としてきている。ただ、対中国強硬派のトランプ氏が大統領に就任することもあり、在韓米軍幹部は、可及的速やかにTHAAD配備を取進めるべく韓国に対してプレッシャーをかけている。

1月16日付米『ボイス・オブ・アメリカ』:「THAADが韓国大統領選の争点に」
「●昨年9月の北朝鮮による5度目の核実験を受けて、米国はミサイル防衛のためにTHAADの韓国配備を急ぐことを決定。  
●そして昨年12月、韓国国防部(省に相当)はTHAADを今年5月に配備すべく、候補地の韓国南東部にあるゴルフ場所有者のロッテ・グループと協議中と発表。  
●しかし1月16日、同部の文盛瑾(ムン・ソングン)報道官は、ロッテ・グループの取締役会での承認取得に時間を要しており、配備時期遅延の可能性を示唆。...
全部読む

その他の最新記事
▲画面のトップへ