JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2021年09月28日(火)
最新TV速報
【Globali】
 

韓国与党、メディア懲罰法案強行採決で言論弾圧か

韓国国会の委員会は19日、報道機関に大きな罰則を与える可能性のあるメディア法の改正案を可決した。この法案に反対する人々は、この動きを独裁政権における報道の自由の抑圧になぞらえている。

『UPI通信』によると、韓国の与党「民主」党が率いるソウルの国会文化体育観光委員会は19日、最大野党である「国民の力」党の議員50人以上がこの法案の廃案を求める抗議行動を行う中、「報道機関の仲裁に関する法」の改正案を強行採決した。

反対派のイ・ダルゴン議員は、精神的苦痛を含む実際の損害の5倍分を原告が訴えることができるという今回の改正は、法律の粗雑な書き直しであると述べた。イ議員によると、委員会は当初、今回の改正で原告が実際の損害の3倍だけを訴えることを検討していたという。...

全部読む

 

独メルケル首相;昨年のトランプ氏の招待は断るも今年はバイデン氏との首脳会談のための訪米決定【米メディア】

ドイツのアンゲラ・メルケル首相(66歳、2005年11月就任)は、今秋での政界引退を表明している。しかし、依然欧州内でのリーダーシップは強く、ドナルド・トランプ前大統領(74歳)が米国第一主義を掲げて、イラン核合意やパリ協定から勝手に離脱したことで米・ドイツ関係は非常にギクシャクしていた。そうした中、同首相は、欧州との関係修復を標榜しているジョー・バイデン現大統領(78歳)をとても評価している模様で、昨年のトランプ氏の招待は断っていたものの、今年のバイデン政権の招待には応じて、7月中旬に訪米して首脳会談を行うことを決断している。

6月11日付『UPI通信』(1907年前身設立):「メルケル首相、7月にバイデン大統領の招待に応えて訪米」

ホワイトハウスの発表によると、ドイツのアンゲラ・メルケル首相が7月中旬、ジョー・バイデン大統領の招待に応じて訪米することになったという。

同首相は昨年、ドナルド・トランプ大統領(当時)が議長国として米国で開催される予定であった主要7ヵ国首脳会議(G-7サミット)について、トランプ氏が勝手にロシア等を加えたG-7拡大を主張していること等を理由として、訪米を見送っている(編注;新型コロナウィルス(COVID-19)感染問題も然ることながら、G-7加盟国の足並みが揃わず、結局開催中止)。...

全部読む


その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組